韓国ドラマ オクニョ 運命の女 あらすじ 33話~34話 評判

   2017/05/01

韓国ドラマ オクニョ 運命の女 あらすじ 33話~34話 評判も上々!
BSで放送予定の「オクニョ 運命の女」を最終回までネタバレ!
最高視聴率は20%越えでキャストの配役と相関図も感想付きで公開!

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女-あらすじ-ネタバレ

このページは「オクニョ 運命の女」の33話~34話のあらすじを公開しています。BSで放送予定の全51話(韓国放送は50話)を最終回までネタバレ!

オクニョ 運命の女-概要

「オクニョ 運命の女」は韓国のMBCで2016年に放送された歴史ドラマ。原題は「獄中花」。
日本ではNHKのBSプレミアムで4月から放送予定です!
韓国での平均視聴率は17.3%で最高視聴率は22.6%を記録した人気作です。
主役のオクニョを演じるキャストはいま注目されている若手女優チン・セヨン!
監督は『チャングムの誓い』や『トンイ』のイ・ビョンフンが手掛けています。

時は16世紀の朝鮮王朝。刺客に追われて監獄に逃げ込んだ妊婦が自分の命と引き換えに女児を産み落とす。
女児はオクニョと命名され、少女は監獄の中で成長しながら囚人たちから法や様々な知識を身に付けていき…。

スポンサーリンク


オクニョ 運命の女-あらすじ-33話-34話

オクニョ 運命の女-33話

危険が迫っているオクニョに対し秘密調査官と会わないよう説得するテウォンでしたが、彼はオクニョが言った言葉に驚きました。
オクニョの母ガビは、ウォンヒョンの策略により命を落としたのだと。。。
この言葉に大きなショックを受けるテウォン。
テウォンは、ムンジョン王后が部下にミョンジョン王を尾行させ、オクニョを亡き者にしようとしていることを、ミョンジョン王に伝えました。
この話しを聞いたミョンジョン王は、戸惑いますが怒りを隠せません。
宮殿に戻り、なぜ兄と兄に使えていた宮女たちを始末したのか、そんな事をしてまで王になりたいと思ったことはないと、ムンジョン王后を痛烈に非難しました。
突然の王の言葉に怒った王后は、否定しますが信じられないのなら自分の命を奪っても良いとまで言いました。
その頃、ジホンは人事権のある、吏曹の銓郎の地位を与えられていました。この話しを聞いたウォンヒュンとナンジョンは、大きな不安に陥るのでした。
一方、ソンホはハン尚宮から、オクニョの父は中宗かも知れないと聞かされました。
もし事実であれば、オクニョは王女と言う事になります、早急に事実を確認する必要がありました。

オクニョ 運命の女-34話

ソンホは、ハン尚宮から、オクニョの父が中宗王(前々王)の可能性がある、と聞かされ驚きます。そこで、オクニョの出産時に立ち会った老女ケトンに会うことに。。。
ケトンは、ソンホにオクニョの母ガビが、最期に残した言葉を伝えました。
そでは、「出産後、宮中の護衛官の家に報告のため立ち寄ったところ、家族全員が逮捕されていた。」という内容だったと。。。その内容にソンホは大きな衝撃を受ける。
テウォンは、中秋のお祭りに必要な食べ物の扱いを商人たちに独占させない様に、事前に買い占めようと計画していました。
ナンジョンは、テウォンの情報を事前に入手するために、平市署の部下に賄賂を送っていたのですが、そのことを部下はテウォンに報告を入れていたのです。
一方、ナンジョンの商団の頭を務めるミン尚宮は、典獄署を訪れていました。署長に会い、ある囚人を釈放するよう頼んでいたのです。
そこでチョンドゥクは、典獄署にいるある囚人を解放させるのですが、実は、これはナンジョンの策略だったのです。
ナンジョンは、自分たちの商団が行っている不正な取引に関して、その囚人が自白するのを防ぐために、密かに亡き者にしようと企んでいたのです。
そして囚人が亡き者にされたのち、チョンドゥクは逮捕されてしまいます。
その頃、ムンジョン王后は髪留めがなぜ典獄署にあったのかを調べるために、オクニョを呼び出します。
それを知ったハン尚宮は、オクニョに対し髪留めに関して知っていることを、王后には決して話してはいけないことを忠告するのでした。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket