韓国ドラマ オクニョ 運命の女 あらすじ 15話~16話 評判

   2017/05/01

韓国ドラマ オクニョ 運命の女 あらすじ 15話~16話 評判も上々!
BSで放送予定の「オクニョ 運命の女」を最終回までネタバレ!
最高視聴率は20%越えでキャストの配役と相関図も感想付きで公開!

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女-あらすじ-ネタバレ

このページは「オクニョ 運命の女」の15話~16話のあらすじを公開しています。BSで放送予定の全51話(韓国放送は50話)を最終回までネタバレ!

オクニョ 運命の女-概要

「オクニョ 運命の女」は韓国のMBCで2016年に放送された歴史ドラマ。原題は「獄中花」。
日本ではNHKのBSプレミアムで4月から放送予定です!
韓国での平均視聴率は17.3%で最高視聴率は22.6%を記録した人気作です。
主役のオクニョを演じるキャストはいま注目されている若手女優チン・セヨン!
監督は『チャングムの誓い』や『トンイ』のイ・ビョンフンが手掛けています。

スポンサーリンク


オクニョ 運命の女-あらすじ-15話-16話

オクニョ 運命の女-15話

干ばつが続いた事による被害で食糧難が続く中、典獄署への配給も半分に減らされていたのですが、更に減らされる事が伝えられました。
何と、一日一食になるそうです。これでは、囚人たちが我慢出来るはずもなく、暴動の危険さえも考えられます。
そこで、オクニョとテウォンたちは、囚人の食糧確保のために、ナンジョンの船から米を奪う計画をしていました。
オクニョは、囚人たちにも、協力を要請しました。ウチが、ナンジョンを騙すために、偽りの秘密の金鉱山の話を吹き込む事になったのです。
ミョンジョン王が、身分を隠して典獄署を訪れます。
オクニョは、相手が王とは知らず、食糧の配給を減らすのは、むしろ逆効果だと、もっと囚人たちへの配慮をすべきだと訴えます。
深夜オクニョが帰宅しようとすると、テウォンは夜遅くに女性一人では危険だと言い、家まで送ると言う。
それを聞いたオクニョは、そんなに弱い女に見えますか?と尋ねるのですが。。。

オクニョ 運命の女-16話

オクニョと鉱山技師になりすました詐欺師のチョン・ウチが計画した秘密の金鉱山の話しに、ナンジョンは興味を持ったようです。
そしてナンジョンは、真偽を確かめた上で、本当の話しならば、全てを自分だけのものにしようと考えます。
ナンジョンを上手く騙したチョン・ウチは、偽の金鉱山の話を信用させて、大金をだまし取ることに成功します。
そして、その金で食糧を買い囚人たちに与えました。
一方、ミョンジョン王は、典獄署でオクニョから聞かされた言葉を忘れられなかった。彼は、何度も何度も繰り返し思い出していたのだ。
その頃、ウォンヒュンはジェミョンを訪ねていた。テウォンと会えるように手引きを依頼するためだった。
その代わり、ジェミョンの商団を支援すると約束していた。
しかし、テウォンはウォンヒュンと親子関係を結ぶ事を頑なに拒否します。ウォンヒュンは、ただ困り果てるしかなかった。
その後オクニョは、ジホンに会ってこう告げた。パク・テスが祖父であることとウォンヒュンの策略で命を失ったのだと。。。
それを聞いたジホンは、馬鹿なことを言うなと言い義理の父親を悪く言うオクニョへ怒りをぶつけるのだった。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket