韓国ドラマ オクニョ 運命の女 あらすじ 1話~2話 評判

   2017/05/01

韓国ドラマ オクニョ 運命の女 あらすじ 1話~2話 評判も上々!
BSで放送予定の「オクニョ 運命の女」を最終回までネタバレ!
最高視聴率は20%越えでキャストの配役と相関図も感想付きで公開!

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女-あらすじ-ネタバレ

このページは「オクニョ 運命の女」の1話~2話のあらすじを公開しています。BSで放送予定の全51話(韓国放送は50話)を最終回までネタバレ!

オクニョ 運命の女-概要

「オクニョ 運命の女」は韓国のMBCで2016年に放送された歴史ドラマ。原題は「獄中花」。
日本ではNHKのBSプレミアムで4月から放送予定です!
韓国での平均視聴率は17.3%で最高視聴率は22.6%を記録した人気作です。
主役のオクニョを演じるキャストはいま注目されている若手女優チン・セヨン!
監督は『チャングムの誓い』や『トンイ』のイ・ビョンフンが手掛けています。

スポンサーリンク


オクニョ 運命の女-あらすじ-1話-2話

オクニョ 運命の女-1話

臨月お腹を抱えながらガビは、追手から逃げていた。
しかし、追い詰められてしまったガビは、偶然通りかかった典獄署の役人であるチ・チョンドゥクに助けを求める。
助けを求められたもののどうして良いのか困ったチョンドゥクは、仕方なく自分の職場である監獄・典獄署へガビを匿う事にする。
追手から逃れた事でほっとしたのもつかの間、ガビは出産。しかし、追手に切られた傷の具合が悪くこの世を去ってしまう。
戸惑うチョンドゥクは、密かにオクニョと名付けられた赤ちゃんを育てることに。。。
オクニョは、獄中で様々な事を学びながら成長、時は過ぎ15歳になった。
天才的な頭脳を持つ少女として育ったオクニョは、育った環境にも関わらず、笑顔が素敵な少女になっていた。
ある日、有名な占い師ジハムの元を、ウォンヒョンという高官が訪ねて来た。

オクニョ 運命の女-2話

師匠であるジハムは、ウォンヒョンの運勢をオクニョに占わせる。
占ったオクニョは、真実を告げることをためらって、つい帝王にもなれる素晴らしい運勢だと言ってしまいます。
実は余りにも悲劇的な運勢が見えたのですが、どうしても事実を告げられませんでした。その事を、師匠のジハムに告げるオクニョでした。。。
ある日、オクニョはウォンヒョンの娘と間違われて、さらわれてしまいます。
獄中にいる火賊牌の頭領と、オクニョを人質として交換すると言われたウォンヒョンでしたが、捕らえられたのが自分の娘でなくオクニョ知り、胸をなでおろします。
結局、ウォンヒョンは火賊牌の頭領を殺して、オクニョは官軍に助けられて命を救われたのでした。
新たに収監されたユン・テウォンは、チョンドゥクの悩みの種である悪党のマンボを密かに始末します。。。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket