韓国ドラマ 家族を守れ あらすじ 94話~96話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 家族を守れ あらすじ 94話~96話 ネタバレで最終回まで感想あり!
BSで放送予定で相関図とキャスト一覧も公開!
視聴率は平均20%越えでDVDラベルも人気!

韓国ドラマ-家族を守れ-あらすじ-ネタバレ

このページは「家族を守れ」の94話~96話のあらすじを公開しています。BSで放送予定の全62話(韓国放送は123話)を最終回まで感想ありでネタバレ!

家族を守れ-概要

「家族を守れ」は韓国のKBSで2015年に放送されたラブコメホームドラマ。親子3代にわたる家族愛、葛藤やそれぞれの恋愛を描いた感動作。原題は가족을 지켜라。
平均視聴率は24.37%、最高視聴率は28.2%を記録した。「星も月もあなたへ」のホン・ヨンヒが脚本を、チョン・ソンホンが演出を担当した。
キャストは「快傑春香」のジェヒが主人公のウジン役、「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」のカン・ビョルがヒロインのヘスに起用されたほか、K-POPアイドルBOYFRIENDのヨンミンも出演している。

スポンサーリンク


家族を守れ-あらすじ-94話-95話-96話

家族を守れ-94話

別の部屋で話そうと店を出るが、ギヒは、スジャに手癖の悪い家政婦だったと嘘をついて。
帰り道、さっきの店の前で具合が悪くなったソニョンと話したスジャは、ギヒに騙されて家を出ることになって、娘がヘスだという事実を知って…。
ソニョンは、娘に恨まれてるから目の前で謝ってもらいたい!と言って…。
病院にやって来たギヒは、全て解決したから、娘やあなたのお母さんにも黙っていて!とウジンに命じて。
イ・ジュング (ヘスの父)と会った ソニョンは、私に濡れ衣を着せた女から返してもらった!と渡して…。
店も評判でヘスが考案したタレも売り上げ上々で喜ぶが、そこにソニョンがやって来る。
また当時の事情を話すソニョンに20年間も一人ぼっちだったのが問題なの!と受け入れないヘスで。
そんな時、ヒジンは、子供と一緒のユンチャンを目撃してしまい、びっくりで。
ヒジンから電話をもらったテジンが義母達を責めると、娘も一緒の結婚を説得してみて!と命じて…。
マンジェは、認知症が確実だったと知ると、本人が隠したがってるから俺とお前でフォローすればいい!とウジンに言うが…。
市場から帰って来たヘスは、店を掃除する母親を見てびっくりで….。

家族を守れ-95話

閉店だからと追い出されるが『魔法のタレ』は私の味に似てると話す。
横で聞いていたダヘは、お母さんの味を再現したんです!と話してしまう。
帰り際にやり直すチャンスがほしい!と言う母親に何も言わないヘスで….。
その頃、帰宅したユンチャンはヒジンに見られていたと知るとビビりまくり….。
一方、ウジンとの結婚は、投資をしてくれたスンヒョンを怒らせ、会社も追い込まれるというギヒ。
更に、精神の治療を受けてると役員に話したら、経営から降ろされると脅すが、イェウォンがお父さんと離婚する覚悟なら止めない!と反対に脅して…。
結婚後は自分の家の2階を改装して住むと言うイェウォンに、二人で住むなら構わないけど、嫁の実家に住むのは絶対反対だ!と言うスジャで。
また総菜屋に来たソニョンは、このタレをなめてみて!と差し出す。
材料が同じなのにコクが出ない理由を説明したソニョンは、このタレの作り方を教えるのはあなただけと決めていた!と話す。
そんな時、ヘスの店を訪ねたスジャは、ソニョンと再会するが、ヘスの住所を聞いたのがウジンだと知ると不快感を露わにして….。

家族を守れ-96話

もう会わないで!とヘスに念を押すスジャだったが丁度、帰宅したセミが会いに来たのは先生(ウジン)よ!と怒る。
ソニョンは、あんな扱いを受けてるなんて・・と心を痛めるが、母親に捨てられた子だから仕方ない!と泣くヘスで。
ウジンを呼び、ヘスを思うなら会いになんて行かないで!とスジャは、腹を立てて….。
ウジンとスジャが言い争うのを耳にしたエランは、次の日イェウォンに報告して詳しい事を探ります!と言って。
一方、父親が認知症だと聞いたホジャは、妊婦がいるのに病気の年寄りと一緒には暮らせないから施設を探す!と言う。
怒ったマンジェは、父さんの面倒は俺が看る!と怒鳴るが、スボンがその話を聞いてしまう。
そんな時、サンミ建設がワンス食品との合併事業から手を引くという記事で株価が下がってしまい…。
ヒジンは、戸籍を汚してもマンションをもらう選択をするが、大したことじゃない!と自分に言い聞かせて。
総菜屋では魔法のタレがネットでも口コミが広がり、大好評で。
病院に来たソニョンは、ウジンにヘスをまだ好きかと尋ねるが、そこにギヒがやって来て….。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket