韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 133話~135話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 133話~135話 ネタバレで最終回まで公開
BSと地上波の放送予定と相関図付きのキャスト情報も紹介!

韓国ドラマ-白夜姫-あらすじ

このページは「白夜姫」の133話~135話のあらすじと概要を配信しています。BSと地上波で放送予定の全74話(韓国放送は149話)を最終回までネタバレ!

白夜姫-概要

「白夜姫」は韓国のMBCで2014年から放送された愛憎劇ドラマ。
「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」や「オーロラ姫」のイム・ソンハンが脚本を担当し、視聴率が好調だったため29話の延長が決定した。
キャストは実力派女優パク・ハナが主役に選ばれ、共演する男性陣にはモデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優のソン・ウォングンなどのイケメン俳優が起用された。

ペク・ヤはある日、兄の突然の事故死をきっかけに自分と兄を捨てた実母と再会する。過去を隠して不自由なく生活している実母に復讐を誓うが、その方法は…

スポンサーリンク


白夜姫-あらすじ-133話-134話-135話

白夜姫-133話

チュジャンは、ヤのお見舞いに来て、ファオムの気持ちを受け入れろ!これはチャン家の決定だと話す。
結婚が決まったと聞いたサミは、おめでとう!これも事故のおかげかな?と嫌味を言って….。
その頃、画廊を追い出されたと知ったウナが帰宅すると、私物も届いていて悔しがる。
夫婦だった私にこんな仕打ちをするなんて!と怒りウナは、後継者がいないし画廊だけは私の名義にして!とジャンフンに頼むが。

ヤは、見舞いに行ったソンジに義姉と呼べる?と聞くとにうん!と答えるが内心は穏やかではなくて。
帰宅したソンジは、ファオムの誕生日に結婚式を挙げるらしい!と義母達に話すが….。
見舞いに駆けつけたヒョギョンは、きっとヨンジュン(兄)さん達が守ってくれたのよ!と言い。
祖母のタンシルは、ヤと結婚したらファオムが元気でいられるか心配だと….。

白夜姫-134話

極秘で弁護士と会ったタンシルとジョンエは、誰にも知られない様にしてヤを外国へ留学させて!とお願いして。
その頃、ウナは、離婚したら自分に気がある画家との結婚を考えて….。
ジャンフンがヤの結婚を認めたと聞いたダルランは、彼は男の中の男だ!と褒める。

そんな時、家に来たウナは、ソンジュン達に離婚することになったけど、あなたの母親のせいだ!と。
そして、この家に御灸に通い食事をして、映画も観に行っていたと暴露して….。
ヒョギョンはソンジュンにお義母さんに話したら事が大きくなるから黙っていてと言って。
ヤの退院の日、迎えに来たファオムは家に送るがその足で日本に出張へ向かう。
チュジャンもドバイに主張へ行くとタンシム達は、ヤを呼び出して….。

白夜姫-135話

ヤにどうしても結婚をさせるのは気が進まないから、ファオムが結婚して子供が生まれるまで外国へ行ってほしい!と話すタンシムで。
ヤは、涙をポロポロ流し、ジュンソと会えないのは耐えられない!と泣いて。
好きな勉強をしなさい!と言うジョンエに私は荷作りだけをすればいいんですか?と聞いて….。

入院してるサミは、突然、連絡をよこさず病院にも来ないジアに電話するが冷たい対応で。
ソンジュンは、母親に真実を聞くが決して浮気ではない!と言うがウナ達の離婚が決まったと聞きびっくりで…。
一方、受け入れたヤだったが、一人で泣きながらお酒を飲んで…。
キッズルームで遊んだヤは、しばらく会えないジュンソを抱き締めて….。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket