韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 103話~105話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 103話~105話 ネタバレで最終回まで公開
BSと地上波で放送予定で相関図とキャストも紹介!

韓国ドラマ-白夜姫-あらすじ

このページは「白夜姫」の103話~105話のあらすじと概要を配信しています。BSと地上波で放送予定の全74話(韓国放送は149話)を最終回までネタバレ!

白夜姫-概要

「白夜姫」は韓国のMBCで2014年から放送された愛憎劇ドラマ。
「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」や「オーロラ姫」のイム・ソンハンが脚本を担当し、視聴率が好調だったため29話の延長が決定した。
キャストは実力派女優パク・ハナが主役に選ばれ、共演する男性陣にはモデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優のソン・ウォングンなどのイケメン俳優が起用された。

ペク・ヤはある日、兄の突然の事故死をきっかけに自分と兄を捨てた実母と再会する。過去を隠して不自由なく生活している実母に復讐を誓うが、その方法は…

スポンサーリンク


白夜姫-あらすじ-103話-104話-105話

白夜姫-103話

ファオムの心の中には、ヤと一緒に釜山に行くことしかありません。

どうすればそれが叶うのか・・ファオムは家ですいとんを作るところを撮影すれば、それが叶うと信じています。

すいとんを自ら作り、それを撮影さえすれば・・と。

ところが、仮にファオムがすいとんを作ったとしても、二人で釜山に行くことは難しそうでした。

なぜなら、ヤは今とても忙しい立場にあったからです。

ヤの頭の中にあるのは、今はファオムのことではありません。

今はヒョギョンをなんとか結婚させること、それだけに意識を集中させたいヤなのです。

特にヒョギョンの場合は、その結婚を阻止しようとする存在がいるので、余計に彼女が諦めないよう支えてあげなければなりません。

その支えになれるのが、ヤなのです。

ファオムもヤの状況は分かっていたので、仕方なく釜山旅行を諦めて別の提案をします…。

白夜姫-104話

ヤがどれだけヒョギョンを支えようと、ソンジは絶対にソンジュンとヒョギョンの結婚は反対です。

その心はどこにあるのでしょうか?

ヒョギョンが伴侶としてソンジュンにふさわしくないからでしょうか・・

もしくは・・兄を奪われたくないという思いからでしょうか・・。

ソンジの真意は定かではありませんが、とにかくソンジはヒョギョンを兄から引き離すために躍起になります。

猛然とアトリエに乗り込んでいったソンジですが、ヒョギョンに食事の支度をさせつつ説得を行います。

一方、ヤはあることでファオムに腹を立てヒット祈願パーティーには出席しないと言い出します。

ヤが腹を立てていたのは・・ファオムが主演女優を興味深そうに見続けていたことです。

要するにただの嫉妬心だったわけで…。

白夜姫-105話

ユレカはファオムを一目見た瞬間、自分の好みだと思いました。

ユレカはさらにファオムに近づいて、積極的にアプローチしていきます。

相手は並みの女性ではありませんが・・誰もが知る人気者なのです。

ファオムは毅然とした態度でユレカを交わしているつもりでも、心は少しずつ動揺して乱れていきます。

本人は避けているつもりでも、避けられず、むしろますます近づいていくようです。

ユレカの手馴れたアプローチ術は、見事なまでにファオムの心を掴んでいきます。

それをそばから見ていたのはヤですが、彼女の心中もまた穏やかではありません。

そればかりか表情はますます曇っていくのでした・・。

その頃、ダルランはジャンフンと食事に行き、とめどない愚痴を聞かせていました…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket