韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 100話~102話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 100話~102話 ネタバレ
「白夜姫」を最終回までネタバレで公開!
BSと地上波で放送予定で相関図とキャストも紹介!

韓国ドラマ-白夜姫-あらすじ

このページは「白夜姫」の100話~102話のあらすじと概要を配信しています。BSと地上波で放送予定の全74話(原作は149話)を最終回まで紹介!

白夜姫-概要

「白夜姫」は韓国のMBCで2014年から放送された愛憎劇ドラマ。
「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」や「オーロラ姫」のイム・ソンハンが脚本を担当し、視聴率が好調だったため29話の延長が決定した。
キャストは実力派女優パク・ハナが主役に選ばれ、共演する男性陣にはモデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優のソン・ウォングンなどのイケメン俳優が起用された。

ペク・ヤはある日、兄の突然の事故死をきっかけに自分と兄を捨てた実母と再会する。過去を隠して不自由なく生活している実母に復讐を誓うが、その方法は…

スポンサーリンク


白夜姫-あらすじ-100話-101話-102話

白夜姫-100話

それを聞いたとき、ダルランは心の動揺を抑えることができませんでした。

ソンジュンは堂々と高らかに、自分がヒョギョンと結婚することを宣言したのです。

ただでさえ二人のことを心配していたダルランは、結婚と聞いて衝撃を受けたようです。

ダルランは激しく取り乱しながらそれを止めようとしますが、ソンジュンの岩のような決意を覆すことは誰にもできません。

「どんなことがあっても自分はソンジュンと絶対に別れない」ソンジュンの言葉にダルランはひるむしかありません・・。

こうしてソンジュンとヒョギョンが結婚することは決定的となりました。その頃、ソンジとムオムはユク家を訪れていましたが、その後でチャン家に戻ります…。

白夜姫-101話

周りのみんなが認めても、ダルランだけはソンジュンとヒョギョンガ一緒になることを認めようとしません。

ダルランはいつか二人が過ちを犯すのではないかと心配していたのです。

ソンジュンの「何があっても別れない」という決意も、そして二人がとても愛し合っていることも、よく伝わってくる。

それでも二人は失敗しそうな気がする・・ダルランはそんな風に二人を見ていました。

焦りと不安の気持ちはダルランをアトリエに向かわせますが、そこに二人はいませんでした。

一方、ヤ、サミ、ファオムの3人は居酒屋に集結していました・・。

ウナの提案についてはすでにきっぱりと断りを入れていました。

ヤの豪気な人柄に触れたサミは、徐々にヤに惹かれていきます。

このまま放っておくと、いつかサミはヤのことが好きになってしまうかもしれません。

それにしてもソンジュンとヒョギョンはどこに行ったのでしょう。

ダルランは相変わらず一人で焦っていますが…。

白夜姫-102話

ソンジュンのヒョギョンの結婚は決定的かに思われましたが、ここに来て暗雲が漂いはじめます。

まず、二人の結婚に反対したのはソンジです。

ソンジはダルランからソンジュンの結婚話を聞きましたが、すぐに反発して結婚を止めようと動き出します。

どうにかしてヒョギョンに諦めさせなければならない・・。

一人で良い策が浮かばないソンジは、ヤを取り込んで結婚を阻止することにします。

しかし、ヤはソンジに加担するつもりはありません。

なぜなら、ヤはソンジュンとヒョギョンの結婚を強く推し進める推進派だったからです。

むしろ彼女は、ソンジュンを諦めないようヒョギョンを説得することまでしていました。

ヤの立場を知ってしまったソンジは…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket