韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 94話~96話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 94話~96話 ネタバレ
「白夜姫」を最終回までネタバレで公開!
BSと地上波で放送予定で相関図とキャストも紹介!

韓国ドラマ-白夜姫-あらすじ

このページは「白夜姫」の94話~96話のあらすじと概要を配信しています。BSと地上波で放送予定の全74話(原作は149話)を最終回まで紹介!

白夜姫-概要

「白夜姫」は韓国のMBCで2014年から放送された愛憎劇ドラマ。
「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」や「オーロラ姫」のイム・ソンハンが脚本を担当し、視聴率が好調だったため29話の延長が決定した。
キャストは実力派女優パク・ハナが主役に選ばれ、共演する男性陣にはモデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優のソン・ウォングンなどのイケメン俳優が起用された。

ペク・ヤはある日、兄の突然の事故死をきっかけに自分と兄を捨てた実母と再会する。過去を隠して不自由なく生活している実母に復讐を誓うが、その方法は…

スポンサーリンク


白夜姫-あらすじ-94話-95話-96話

白夜姫-94話

かつてないほど侮辱されて気分を害しているのは・・ジアです。

役に合わないって・・

どういう意味かしら?まさかその通りのいみ??

だとしたら許せない!

そんな風にジアの気分を逆なでにしているのは、サミでした。

それでもサミはただの外野というわけではないので、ジアも無視することはできません。

なんといってもサミは、大ヒット小説の作者なのです。

話の構成やキャスティングはお手の物、役者の合う合わないも簡単に決められるのです。

いやむしろ、サミがプロであるだけに、役に合わないといわれてジアは気分を害したのかもしれません。

諦めそうになるジアに対して、ヤは絶対に諦めないようにと説得します。

一方、ダルランは一人のビジンがアトリエの前に立っているのを見つけます。

あの女性はもしや…。

白夜姫-95話

どれだけ傲慢でわがままでも、ヤにとってウナはやはり実母でした。

これまでさまざまな場面で対立してきましたが、それでもヤはウナ向き合い続けます。

あるときは、ウナが二日酔いでぐったりしているところ、ヤは心優しくもウナのためにスープを作ってあげます。

それも即席ではなく、自ら手作りのスープを飲ませます。

ウナにとっては酔い覚ましのスープでしたが、ヤにとっては母を思っての手料理です。

さすがのウナもヤの愛情に気づいたのか、スープを飲むときに優しい表情を浮かべています。

そしてウナには珍しく、ありがとうとお礼もいいます。

二人の関係は徐々にではありますが、本物の親子らしいものになりつつありました・・。

ジアとサミは相変わらず対立していましたが、ファオムの事務所で話し合うことになりました。

ところがサミは歯に衣着せぬ物言いをやめることなく、引き続きストレートな表現でジアを評価します。

それによってまたジアが傷つきます…。

白夜姫-96話

ウナはヤと仲良くなりつつありますが、まだ許してもらえないことが一つあります。

それは亡くなったヨンジュンの子供、ウナにとっては孫にあたるジュンソの写真を見ることです。

本当は直接会いたいのですが、せめて写真ぐらいは見せてほしいところです。

それでもヤはウナにジュンソの写真すら見せようとしません。

それで仕方なくウナは部屋の中を物色して、密かに写真を見ようとします。

一方、ウナはジアにサミを食事に誘うようアドバイスしますが、ジアが連絡をとろうとしてもサミは一向に捕まりません・・。

ソンジュンはヒョギョンを訪ねていましたが、ヤとファオムがたまたまアトリエにやってきて、3者が鉢合わせになります…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket