韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 67話~69話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 67話~69話 最終回
BSと地上波で放送予定の「白夜姫」のあらすじを配信!
最終回までネタバレで相関図とキャストも公開!

韓国ドラマ-白夜姫-あらすじ

このページは「白夜姫」の67話~69話のあらすじと概要を配信しています。BSと地上波で放送予定の全74話(原作は149話)を最終回まで紹介!

白夜姫-概要

「白夜姫」は韓国のMBCで2014年から放送された愛憎劇ドラマ。
「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」や「オーロラ姫」のイム・ソンハンが脚本を担当し、視聴率が好調だったため29話の延長が決定した。
キャストは実力派女優パク・ハナが主役に選ばれ、共演する男性陣にはモデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優のソン・ウォングンなどのイケメン俳優が起用された。

ペク・ヤはある日、兄の突然の事故死をきっかけに自分と兄を捨てた実母と再会する。過去を隠して不自由なく生活している実母に復讐を誓うが、その方法は…

スポンサーリンク


白夜姫-あらすじ-67話-68話-69話

白夜姫-67話

ついにヤは、これまでずっと隠し続けてきたことをウナに告白します。

自分はヨンジュンの妹であること、兄が不慮の死を遂げてしまったこと、そして兄が残してくれた甥の存在について・・。

それらは全てヤの人生に深く関わってきたものであり、ヤを良くも悪くも翻弄してきたものでした。

突然衝撃的な事実を告白されたウナは、唖然として言葉を返すことができません。

ナダンにとってはこれで新しく親戚が増えることになりました。

なぜなら、ヤとウナは実の親子だからです。

心優しい言葉で迎えてくれるナダンに対して、ヤは感謝の気持ちでいっぱいになります。

一方、みんなでカラオケに行ったチャン家の人々・・

その中には複雑な表情でヤを見つめるファオムの姿がありました。

ファオムはまだ、ヤがナダンと結婚することに踏ん切りがついていません…。

白夜姫-68話

ファオムはいまでもまだヤのことを想い続けています・・。

だからこそ、ヤの誕生日がやって来ると誰よりも早く時計のプレゼントを渡します。

その時計はそんじょそこらの安物ではありません。

ファオムが選びに選び抜いた、最高級の高価なブランド時計です。

その時計をもらったらどんな女性でも喜ばないわけがない・・そういうプレゼントだったのです。

ヤはファオムからの高価なプレゼントに大喜びしますが、一方で高級ブランドのため恐縮した表情を見せます。

うれしいけど・・もうしわけないな・・どうしよう・・。

一方、ヒョギョントナダンが初めて顔を合わせました。

二人は初めてでしたがヨンジュンの思い出話しで盛り上がり、すっかり打ち解けた雰囲気になります…。

白夜姫-69話

ヤは何かとプレゼントをもらう日々が続いています・・。

あるとき、ファオムは酔って帰宅してきましたが、手にはとても綺麗な花束が・・。

ファオムはそれをヤに渡して、ヤは満面の表情を見せて喜びます。

前は誕生日に高級ブランドの時計をもらい、今回は綺麗な花束。

どちらもファオムの気持ちのこもったプレゼントでしたが、ヤは文字通り両手に花でとても幸せです。

ところが、幸せそうな二人の様子を見ていたジョンエが、あることに気が付きます。

もしかしたらこうなのかも・・ジョンエはある可能性を探っているようです。

その頃、ムオムはソンジに会って母親の愚痴を聞かされていました。

母親とはソンジの母親のことですが、ムオムは真面目に聞いています。

しかし、ソンジの口調は最初は丁寧でしたが、いつしかタメ口になっていきます…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket