韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 43話~45話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 43話~45話 最終回
BSと地上波で放送予定の「白夜姫」のあらすじを配信!
最終回までネタバレで相関図とキャストも公開!

韓国ドラマ-白夜姫-あらすじ

このページは「白夜姫」の43話~45話のあらすじと概要を配信しています。BSと地上波で放送予定の全74話(原作は149話)を最終回まで紹介!

白夜姫-概要

「白夜姫」は韓国のMBCで2014年から放送された愛憎劇ドラマ。
「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」や「オーロラ姫」のイム・ソンハンが脚本を担当し、視聴率が好調だったため29話の延長が決定した。
キャストは実力派女優パク・ハナが主役に選ばれ、共演する男性陣にはモデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優のソン・ウォングンなどのイケメン俳優が起用された。

ペク・ヤはある日、兄の突然の事故死をきっかけに自分と兄を捨てた実母と再会する。過去を隠して不自由なく生活している実母に復讐を誓うが、その方法は…

スポンサーリンク


白夜姫-あらすじ-43話-44話-45話

白夜姫-43話

家族に黙ってお寺に行ったジョンエは、その心失望させていました。

ところがしばらくして、ジョンエはふたたび家に戻ってきます。

ずっと心配して待っていたタンシルに対して、ジョンエは何があったのか経緯を説明します。

ジョンエの心に傷を負わせていたのはチュジャンの行動でしたが、ついにジョンエはそのことをストレートに訴えます。

不満を率直にぶつけてくるジョンエの気持ちを、タンシルは一生懸命に理解しようとします。

やがてタンシルはジョンエに同情するようになり、ジョンエに協力するようになります。

一方、チュジャンはジョンエの思わぬ行動に内心焦りを覚えていました。

チュジャンは事態を軽く見ていましたが、思った以上に深刻だったのです。

なんとか早めに対処しなければ・・とチュジョン…。

白夜姫-44話

ナダンとミソルの結婚は破談になりつつありました・・。

二人の心が通い合っていないこともありましたが、ミソルの母親もまたそれほど乗り気ではありません。

しかしウナだけはまだ諦めておらず、絶対に破談させてはならないと必死になります。

ウナはミソルの母親の前で持ち前の話術を駆使しながら、作り話をして取り繕おうとします。

話をあっちへもっていきこっちへもっていきしながら、ミソルの母親の気持ちをコントロールしていきます。

ところが、ウナにはもう一人説得しなければならない相手がいました。

それはミソルの夫になってほしいナダンです。

ナダンミソルとは結婚したくないと主張しており、彼をなだめて説得しなければ結婚はいよいよ破談になってしまいます。

それでウナは必死にナダンをなだめようとします・・。

ヤはファオムと一緒に美容室にいきますが、なぜかファオムに恋人のフリをしてほしいと頼まれます…。

白夜姫-45話

ヤはナダンに対して積極的に自分をアピールし、ナダンはそれに翻弄されていきます。

初めは少しだけ気になる存在だったヤですが、今ではすっかり虜になっています。

ヤの得意技は話術でしたが、それ以外にもテクニックを持っていました。

それは心温まる家庭的な店をナダンに紹介することでした。

ヤがナダンに紹介した店は、派手なレストランやバーではなく、家庭的な雰囲気のする店です。

その店では、客が自らすいとんを手作りします・・。

二人は家庭的な食事を楽しみ、さらにダーツやカラオケに興じた後、お酒タイムに・・。

ワインを飲もうと誘ったのはナダンでしたが、ヤはこれを断ります。

結局、お酒を飲まずに別れた二人・・しかしヤはナダンに電話をかけます…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket