韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 40話~42話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 白夜姫 あらすじ 40話~42話 最終回
BSと地上波で放送予定の「白夜姫」を最終回までネタバレで配信!
動画も人気であらすじはもちろん相関図とキャストも公開!

韓国ドラマ-白夜姫-あらすじ

このページは「白夜姫」の40話~42話のあらすじと概要を配信しています。BSと地上波で放送予定の全74話(原作は149話)を最終回まで紹介!

白夜姫-概要

「白夜姫」は韓国のMBCで2014年から放送された愛憎劇ドラマ。
「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」や「オーロラ姫」のイム・ソンハンが脚本を担当し、視聴率が好調だったため29話の延長が決定した。
キャストは実力派女優パク・ハナが主役に選ばれ、共演する男性陣にはモデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優のソン・ウォングンなどのイケメン俳優が起用された。

ペク・ヤはある日、兄の突然の事故死をきっかけに自分と兄を捨てた実母と再会する。過去を隠して不自由なく生活している実母に復讐を誓うが、その方法は…

スポンサーリンク


白夜姫-あらすじ-40話-41話-42話

白夜姫-40話

夫のヨンジュンを失ってから、絶望と落胆の日々を過ごしていたヒョギョンでしたが、ヤの変わりにソンジュンの助手として働くようになり、今は元気を回復させています。

そんなヒョギョンモついに、ソンジュンのアトリエに引っ越す日がやって来ました。

ダルランは引越しを祝うどころか、逆にヒョギョンのことを心配しています。

正確にいえば、ヒョギョンだけを心配しているのではなく、ソンジュンのヒョギョンの二人の関係を心配しているのです。

ヒョギョンがアトリエに住むようになれば、ソンジュンとの間に何かが起きてしまうのではないか・・

ダルランはそのことを不安に思っています。

ヒョギョンは素敵な女性だから、ソンジュンはヒョギョンを愛してしまうのではないか・・と。

チャン夫妻は友人夫婦と食事に出かけますが、そこでちょっとした事件が起きてしまいます。

それはチュジャンが若い奥様に気を使う様子にジョンエが苛立った時のことでした…。

白夜姫-41話

ジョンエの心は一向に収まる様子を見せません・・。

妻をないがしろにするようなチュジャンの振る舞い・・絶対に許せない。

ジョンエはなんとか腹の虫を抑えようとしますが、彼女の怒りはますます募っていくだけでした。

ついにジョンエは人を避けて、客間に一人閉じ篭ってしまいます。

翌日のこと、ジョンエはそのまま家族に黙って家を出ていきます。

向かった先はどこか・・なんとお寺でした。

ジョンエの心模様を把握していないチュジャンとタンシルは、気を揉むばかりで何もすることができません。

一方、ヤはナダンからメールをもらっていましたが、それをずっと無視し続けていました。

しかしそうしながらも、平然とナダンに電話をかけるのでした…。

白夜姫-42話

ナダンの人生は人に言われるがままの人生でした。

例えば、結婚相手を誰にするか、これについてナダンは自分の希望や意志を通すことができず、常にウナの言うとおりにしています。

自分でお見合い相手を決めることもできず、ただウナに指示される相手に会いに行くだけです。

そんなナダンにウナが新しくお見合いの話を持ってきて、ナダンはその女性と会います。

この情報はペク・ヤのところにも届きますが、ヤはナダンの人生にうんざりします。

どれだけ身分の高い女性とお見合いしても、ナダン自身はちっとも幸せそうに見えない・・ヤはそう思っていました。

ヤとナダンは食後にカフェでお茶を飲みますが、ナダンはヤから日焼け止めを塗ってもらいます…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket