韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 67話~68話 ネタバレ

 

韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 67話~68話 ネタバレ
BSで放送予定の「女王の花」のあらすじをネタバレで最終回まで配信!
挿入歌入りのOSTの評価も高いドラマのキャストと相関図も紹介!

韓国ドラマ-女王の花-あらすじ

このページは「女王の花」の67話~68話のあらすじと概要を配信しています。BSで放送予定の全69話を最終回まで紹介!

女王の花-概要

「女王の花」は韓国MBCで2015年に放送され、視聴率は同時間帯で1位を独走した愛憎劇ドラマ。
キャストは「野王」のキム・ソンリョンと「大丈夫、愛だ」のイ・ソンギョンがヒロインとして出演し、男性陣は「紳士の品格」のイ・ジョンヒョクと「家族なのにどうして」のユン・バクなどが競演した。
演出は「ロマンス」のイ・デヨン、「グロリア」のキム・ミンシク、脚本は「妻の報復~不倫と背徳の果てに~」「エンジョイライフ」を手掛けたパク・ヒョンジュが担当した。

スポンサーリンク


女王の花-あらすじ-67話-68話

女王の花-67話

流産してしまったレナは、わざとミンジュンに冷たくして彼に離婚を宣言。レナはヒラに自分が離婚する代わりにイソルを嫁として認めるよう彼女に約束させていた。そんな中、ドシンはミンジュンを病室に呼ぶと、ヒラの陰謀やレナの秘密をすべて暴露する。一方、レナは記者会見で離婚と流産を発表し、自分のせいで別れたイソルとジェジュンが結ばれることを願うと話す。ついにレナの娘がイソルだと気づいたミンジュンはレナを訪ねるが…。

女王の花-68話

病院で診察を受けているとき、ヒラとヘジンが話していた内容を思い出したドシン。彼は今までの清算をしてもらおうとヘジンのもとを訪れるが、もう用はないと冷たくされ、彼の怒りに火がつく。そして、自分が手にしているヒラに関する重大な秘密をレナに打ち明け、2人で一儲けしないかと持ちかけるが…。レナはジェジュンの出生の秘密を語るドシンの話を録音する。それをヒラに聞かせ、イソルとジェジュンの結婚を認めるよう迫るが…。

キャストと相関図はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 キャスト 相関図 ネタバレ
あらすじの全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 全話一覧 ネタバレ
地上波の放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 地上波
BSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 BS
CSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 CS

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket