韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 59話~60話 ネタバレ

 

韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 59話~60話 ネタバレ
BSで放送予定の「女王の花」のあらすじをネタバレで最終回まで配信!
挿入歌入りのOSTの評価も高いドラマのキャストと相関図も紹介!

韓国ドラマ-女王の花-あらすじ

このページは「女王の花」の59話~60話のあらすじと概要を配信しています。BSで放送予定の全69話を最終回まで紹介!

女王の花-概要

「女王の花」は韓国MBCで2015年に放送され、視聴率は同時間帯で1位を独走した愛憎劇ドラマ。
キャストは「野王」のキム・ソンリョンと「大丈夫、愛だ」のイ・ソンギョンがヒロインとして出演し、男性陣は「紳士の品格」のイ・ジョンヒョクと「家族なのにどうして」のユン・バクなどが競演した。
演出は「ロマンス」のイ・デヨン、「グロリア」のキム・ミンシク、脚本は「妻の報復~不倫と背徳の果てに~」「エンジョイライフ」を手掛けたパク・ヒョンジュが担当した。

スポンサーリンク


女王の花-あらすじ-59話-60話

女王の花-59話

放送局長からMC大賞を受賞できるかもしれないと聞いたレナは、その喜びをミンジュンに伝える。一方で、イソルとジェジュンは悲しみの中にいた。そんな中、親子鑑定の結果を知ったテスは、ヒラが裏で操作していたとは知らず彼女を疑ったことを謝罪。その代償に青島病院建設の確約をとったヒラはジェジュンに伝えるが、彼はネパールに行く決心をしていた。それをヒラから聞いたヘジンはドシンからの知らせに希望を持つよう励ますが…。

女王の花-60話

イソルとの親子関係をヒラに知られてしまい、ついに観念したレナ。ミンジュンやテスに今までの秘密を告白すべく覚悟を決める。だが、それを知ったジェジュンは、自分とイソルが結婚を諦めた甲斐がないと、必死で母を止め、秘密を守ってくれれば青島病院に行くと交換条件を出す。こうしてレナの幸せは何とか守られる。レナはジェジュンに感謝の言葉を述べるが…。そんな中、ドシンはレナの母親が生きていることを突き止めていた…。

キャストと相関図はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 キャスト 相関図 ネタバレ
あらすじの全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 全話一覧 ネタバレ
地上波の放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 地上波
BSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 BS
CSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 CS

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket