韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 35話~36話 ネタバレ

 

韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 35話~36話 ネタバレ
BSで放送予定の「女王の花」のあらすじをネタバレで最終回まで配信!
挿入歌入りのOSTの評価も高いドラマのキャストと相関図も紹介!

韓国ドラマ-女王の花-あらすじ

このページは「女王の花」の35話~36話のあらすじと概要を配信しています。BSで放送予定の全69話を最終回まで紹介!

女王の花-概要

「女王の花」は韓国MBCで2015年に放送され、視聴率は同時間帯で1位を独走した愛憎劇ドラマ。
キャストは「野王」のキム・ソンリョンと「大丈夫、愛だ」のイ・ソンギョンがヒロインとして出演し、男性陣は「紳士の品格」のイ・ジョンヒョクと「家族なのにどうして」のユン・バクなどが競演した。
演出は「ロマンス」のイ・デヨン、「グロリア」のキム・ミンシク、脚本は「妻の報復~不倫と背徳の果てに~」「エンジョイライフ」を手掛けたパク・ヒョンジュが担当した。

スポンサーリンク


女王の花-あらすじ-35話-36話

女王の花-35話

レナはジスに罠を仕掛け、火災警報器を鳴らす。とっさのことに驚いたジスは自分の脚で階段を駆け下りるが、レナとミンジュンはその姿を目撃してしまう。ミンジュンはショックの余り言葉を失う…。レナは彼女の背後に誰かがいるはずだと疑うが、ジスは口を割ろうとしない。一方、イソルがレナと一緒に写っている写真を見たヤンスンは、レナに見覚えがあるような気がしていた。そんな彼女の元にヘジンが訪れ、夫との関係を問い質す。

女王の花-36話

ジスを背後で操っていたのはヒラであるとミンジュンに打ち明けようとするレナだったが、彼は過ぎたことだと言って聞こうとしない。一方、ユラはマッサージサロンで母とヒラに鉢合わせしてしまい、ジェジュンと一緒でないことを必死でごまかすが…。そんな中、レナはヒラから仕事復帰を反対され、思わずジスとの関係を裏付ける証拠を突きつける。2人の会話を耳にしたテスはヒラの言葉にショックを受け、胸を押さえて倒れてしまう…。

キャストと相関図はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 キャスト 相関図 ネタバレ
あらすじの全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 全話一覧 ネタバレ
地上波の放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 地上波
BSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 BS
CSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 CS

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket