韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 29話~30話 ネタバレ

 

韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 29話~30話 ネタバレ
BSで放送予定の「女王の花」のあらすじをネタバレで最終回まで配信!
挿入歌入りのOSTの評価も高いドラマのキャストと相関図も紹介!

韓国ドラマ-女王の花-あらすじ

このページは「女王の花」の29話~30話のあらすじと概要を配信しています。BSで放送予定の全69話を最終回まで紹介!

女王の花-概要

「女王の花」は韓国MBCで2015年に放送され、視聴率は同時間帯で1位を独走した愛憎劇ドラマ。
キャストは「野王」のキム・ソンリョンと「大丈夫、愛だ」のイ・ソンギョンがヒロインとして出演し、男性陣は「紳士の品格」のイ・ジョンヒョクと「家族なのにどうして」のユン・バクなどが競演した。
演出は「ロマンス」のイ・デヨン、「グロリア」のキム・ミンシク、脚本は「妻の報復~不倫と背徳の果てに~」「エンジョイライフ」を手掛けたパク・ヒョンジュが担当した。

スポンサーリンク


女王の花-あらすじ-29話-30話

女王の花-29話

レナのパトロンがTNCグループの代表だという噂はあっという間に拡がり、大きな騒ぎを引き起こす。イソルは自分が動画を削除しなかったせいでリークされたことをレナに謝るが、レナの口からは意外な言葉が語られる。その頃、ミンジュンはレナが番組を降板されたと聞いて彼女を訪ねるが…。そんな2人をテスが呼び寄せ、すべてを丸く収める究極の策を提案する。やがてレナはテレビ番組で衝撃的な発表をして、世間を驚かせることに…。

女王の花-30話

レナとミンジュンの結婚式が近づいてくる。レナがウェディングドレスを試着する場でイソルは撮影係を務めるが、そこにジェジュンとユラが顔を出し、気まずい雰囲気に。レナは初めてイソルとジェジュンの事情を知るが…。そんな中、レナはテスに呼ばれ、婚姻届を出すのは1年後という契約書にサインさせられる。それはレナを追い出そうとするヒラの企みだった。さらに彼女はヘジンと共謀し、結婚式にある人物を呼び寄せていた…。

キャストと相関図はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 キャスト 相関図 ネタバレ
あらすじの全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 全話一覧 ネタバレ
地上波の放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 地上波
BSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 BS
CSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 CS

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket