韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 21話~22話 ネタバレ

 

韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 21話~22話 ネタバレ
BSで放送予定の「女王の花」のあらすじをネタバレで最終回まで配信!
挿入歌入りのOSTの評価も高いドラマのキャストと相関図も紹介!

韓国ドラマ-女王の花-あらすじ

このページは「女王の花」の21話~22話のあらすじと概要を配信しています。BSで放送予定の全69話を最終回まで紹介!

女王の花-概要

「女王の花」は韓国MBCで2015年に放送され、視聴率は同時間帯で1位を独走した愛憎劇ドラマ。
キャストは「野王」のキム・ソンリョンと「大丈夫、愛だ」のイ・ソンギョンがヒロインとして出演し、男性陣は「紳士の品格」のイ・ジョンヒョクと「家族なのにどうして」のユン・バクなどが競演した。
演出は「ロマンス」のイ・デヨン、「グロリア」のキム・ミンシク、脚本は「妻の報復~不倫と背徳の果てに~」「エンジョイライフ」を手掛けたパク・ヒョンジュが担当した。

スポンサーリンク


女王の花-あらすじ-21話-22話

女王の花-21話

ジェジュンの家を探り当てたドングは、ユラに伴われて酔って帰宅した彼に殴り掛かる。それを止めたのは、急を聞いて駆けつけたイソルだった。イソルは彼が婚約しようがもう自分とは関係ないと言い放ち…。一方、テレビ収録を無事に終えたレナだったが、結婚していると思い込んでいたミンジュンが独身かもしれないという情報に動揺する。彼に連絡をしてもつれない返事に焦った彼女は、起死回生のためにとんでもないことを思いつく…。

女王の花-22話

レナを送り届けたミンジュンは、ストーカーが荒らしたように見える部屋の様子に驚き彼女を慰める。そして自分がかつて結婚に失敗した過去を打ち明けるのだった。ついにミンジュンの心を掴むことに成功したレナは、今度はヒヨンの悪い噂を聞きつけ、それを利用しようと考える…。一方、イソルはヒラから辞表を出せと迫られるが、彼女は辞める気は全くなかった。そんなイソルにヒラはジェジュンとユラの婚約式を手伝うよう命じるが…。

キャストと相関図はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 キャスト 相関図 ネタバレ
あらすじの全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 女王の花 あらすじ 全話一覧 ネタバレ
地上波の放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 地上波
BSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 BS
CSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 CS

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket