韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 121話~123話 感想

   2017/05/02

韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 121話~123話 感想
「帰ってきたファン・グムボク」を最終回まで感想付きでネタバレ!
BSで放送予定のあらすじをキャストと相関図とともに紹介!

韓国ドラマ-帰ってきたファン・グムボク-あらすじ

このページは「帰ってきたファン・グムボク」の121話~123話のあらすじと概要を配信しています。BSで放送予定の全125話を紹介!感想も随時更新!

帰ってきたファン・グムボク-概要

「帰ってきたファン・グムボク」は韓国SBSで2015年に放送され、同時間帯視聴率第1位を獲得した韓国ドラマ。
キャストのチョン・ミソンは本作でSBS演技大賞毎日ドラマ部門女性特別演技賞を受賞した。

失踪した母親を捜す娘のグムボクと彼女を助ける2人の男性との三角関係や親友の裏切りを描いたラブストーリー。

スポンサーリンク


帰ってきたファン・グムボク-あらすじ-121話-122話-123話

帰ってきたファン・グムボク-121話

ギョンスはテジュンとウンシルを最後まで引き下ろそうとするミヨンに、裁判をひっくり返すほどの

証拠を持っていると言い最後の警告をする。

不安なミヨンは弁護士を使ってギョンスが握っている証拠が何なのか調べてみろと指示する。

一方、イェリョンとリヒャンはイヌに奪われたお金を取り戻すためにマルジャを訪ねて行くのだが…

帰ってきたファン・グムボク-122話

ミヨンはムンヒョクに隠密に連絡し、ギョンスが持っている決定的証拠を消せという。

生かしてほしいと縋るミヨンを無下にはできないムンヒョクは、ギョンスが持っている決定的証拠を失くそうとする。

一方、ウンシルは拘置所に引きずられて行くリヒャンに最後に率直な陳述を求めるのだが…

帰ってきたファン・グムボク-123話

イェリョンはリヒャンの偽りの陳述を防ぐために法廷に走って行く。

しかし、結局リヒャンは偽りの陳述をして、法廷で決定的証拠を知ることになったリヒャンはショックで理性を失う。

一方、チャ会長の弁護士は故意性を曇らせるためにミヨンを心身微弱に追い込み、これに対しイヌはギョンスを訪ねて行き

証人として立ってほしいと要請するのだが…

キャストと相関図はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク キャスト 相関図 感想
あらすじの全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 帰ってきたファン・グムボク あらすじ 全話一覧 感想
地上波の放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 地上波
BSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 BS
CSの放送予定はこちら⇒韓国ドラマ 放送予定 CS

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket