韓国ドラマ 麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 11話~12話 感想

   2017/05/02

韓国ドラマ 麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 11話~12話 感想
「麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち」のあらすじをネタバレ!BSで放送予定!
最終回の感想も高評価でOSTも人気!キャストと相関図も紹介!

韓国ドラマ-麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち-あらすじ

このページは「麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち」の11話~12話のあらすじと概要を配信しています。BS(WOWOW)で放送予定の全20話を紹介!感想も随時追加!

麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち-概要

「愛人がいます」は韓国SBSで2016年に放送された、中国の小説「歩歩驚心」を原作にしたドラマ。
「夜を歩く士<ソンビ>」のイ・ジュンギがカン・ハヌル、ホン・ジョンヒョンといった豪華イケメンキャストと共演した。
脚本は「シンデレラマン」のチョ・ユニョン、監督は「大丈夫、愛だ」のキム・ギュテ。

スポンサーリンク


麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち-あらすじ-11話-12話

麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち-11話

第4皇子ワン・ソは、悪事を考案していたのだ。
そこで正胤に重陽節の宴会の席で、毒薬を入れようとしていた。
そして正胤とヘ・ス。2人のことを優先して、毒薬が入っている杯でお茶を服用してしまった第4皇子ワン・ソ!
第4皇子ワン・ソの体内中に毒が入ってしまい、意識がなくなっていくが…。
なんとかして宴会の会場から出ていったのだ。
だが吐血してしまったワン・ソ!ヘ・スはワン・ソに接近したのだ。

一方、太祖ワン・ゴンにお願いがある!と言うファンボ・ヨンファ。
そこでお茶を3杯分を飲んでから~お願いを話す!と言うファンボ・ヨンファだった。
そして太祖ワン・ゴンは、正胤のお茶を全部、飲んだのだ。

そんなヨンファのお願い事は、なんと!第8皇子ワン・ウクを再婚させることだったのです。
でもワン・ゴンが快く承諾した途端、倒れたヨンファ!
その光景を皇后ユ氏が見ていて~これは毒薬だ!!と大声をあげたのだった。
そこで先回りした皇后ユ氏。

その頃、離席したワン・ソ!皇子たちは案じて、ワン・ソを探しに行くのだった。
やっとワン・ソを見つけると、ヘ・スが傍に付き添ってくれていた。
だがお茶を持参した第9皇子ウォン。ヘ・スが犯人!という第9皇子ウォンだが…。
皇子を殺そうとした!と疑惑を持たれ逮捕されたのだ。

麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち-12話

太祖ワン・ゴンは、第4皇子ワン・ソに…
後晋に、使臣の役目を果たしてくるように言われた。
だが、命じられたことをOKするので、そのかわりヘ・スを茶美院にとどめさせてと依頼したワン・ソ!

ところがワン・ソが出発後、ワン・ゴンは、チェ・ジモンに…..
金輪際、ヘ・スと皇子たちを引き離して、会えない所に連行するように!と命令したのだ。

そして、ジモンが、ヘ・スにこのことを話した。
だが皇子たちと会えない所!と聞いたヘ・ス。
逆に良かった。と思い準備をしだしたヘ・スだった。

そんな中、ラストにヘ・スは、ワン・ソに会ったのです。
もう全部、忘れて!と話したのだ。
だが、ワン・ソは帰ってくる間。茶美院で待っていてほしいんだ!とヘ・スに依頼した。

そんなヘ・スは、ワン・ソに…
でもワン・ソにおきる出来事は全部、私が悪い!と言うヘ・ス。
再度、ワン・ソの想いを拒んだのだ。

一方、とっくにヘ・スとのことを断念していた第8皇子ワン・ウク!
足を痛めながら出て行ったヘ・ス。
そんな彼女を見ているだけで、何もしてあげられなかったのだ。
ついにヘ・スは皇宮内から出て行ってしまい…。

キャストと相関図の一覧はこちら⇒韓国ドラマ 麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち キャスト 相関図 感想
あらすじの全話一覧はこちら⇒韓国ドラマ 麗〈レイ〉 花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ 全話一覧 感想

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket