韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 49話~50話(最終回) 相関図

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 49話~50話 相関図
BSで放送予定の「愛人がいます」を相関図付きであらすじをネタバレ!
最終回の視聴率は10%を記録しDVDと動画も人気!
挿入歌入りのOSTの感想も高評価!キャストも紹介!

韓国ドラマ-愛人がいます-あらすじ

このページは「愛人がいます」の49話~50話のあらすじと概要を配信しています。BSジャパンで放送予定の全50話を相関図付きで紹介!

愛人がいます-概要

「愛人がいます」は韓国のSBSで2015年に放送された愛憎劇。原題は「恋人がいます」。
キャストにはキム・ヒョンジュやチ・ジニが起用され、演技大賞を6冠獲得した。
「バリでの出来事」のチェ・ムンソクが演出を、「スキャンダル」のペク・ユミが脚本を担当。

スポンサーリンク


愛人がいます-あらすじ-49話-50話

愛人がいます-49話

中華店のオーナーから証拠になる眼鏡を手に入れたヘガンは、ジノンの車で逃げることに成功する。
そして、これからはジノンのそばにずっといて、ジノンの望む女になると言うのだが、今夜は一緒に寝たいというジノンの誘いを断り、ジノンを怒らせてしまう。
一方、ジンリの部屋に隠れたテソクは、薬を飲んでも熱が下がらないのだが、ジンリの体調を案じたジノンは、ジンリの部屋にたくさんの薬があることに気づく。
ソクの事務所で1年間働いたソジュンは、ソクのことが好きだから結婚したいとソクに言う。
ソルリに一目ぼれしたカンサンは、転んだソルリに手を貸そうとするのだが、ソルリは自分には病気があるからほっといてほしいと言う。
しかし、カンサンはソルリを諦めようとしない。
ヘガンは刑務所で稼いだお金でセヒに花を買い、セヒは家を訪れたヘガンを温かく迎え入れる。
拗ねたジノンを何とかなだめようとするヘガンは、ジンリの部屋の前をとおりかかり、偶然テソクを見てしまうのだが…。

愛人がいます-50話

ヘガンが刑務所に入った理由やヘガンのジノンへの思いを知ったジノンは、ヘガンとの婚姻届を用意する。
誰かをまた恋をしたいソルリは、自分に思いを寄せるガンサンのことは冷たく突き放す。
しかし、ガンサンはそんなソルリに自分の誕生日に1回だけデートしてくれたら諦めると言う。
ヒョヌからヘガンとジノンが婚姻届を出すことになったと聞いたソクは、複雑な心境になる。
ジノンからの指輪やプロポーズを期待していたヘガンは、ジノンの形式的なことは省略しようという言葉に気を悪くする。
そんな中、ソジュンは酔ったソクを家まで送り、ソクとソジュンはソクの家の居間で朝を迎える。
ヘガンはソクの事務所の事務長として働きたいと言い、ジノンとヘガンは過去のことで夫婦ゲンカを始める。
セヒはジノンと暮らすことにしたとジンリに言い、ジンリはマノやテソクとの思い出が残った今の家を売って、セヒと一緒に暮らしたいと言う。
ジノンやセヒと映画館を訪れたヘガンは、女子トイレでソルリに会うのだが…。

韓国ドラマ 愛人がいます キャスト 相関図
韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket