韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 13話~14話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 13話~14話 相関図
BSで放送予定の「愛人がいます」を相関図付きであらすじをネタバレ!
最終回の視聴率は10%を記録しDVDと動画も人気!
挿入歌入りのOSTの感想も高評価!キャストも紹介!

韓国ドラマ-愛人がいます-あらすじ

このページは「愛人がいます」の13話~14話のあらすじと概要を配信しています。BSジャパンで放送予定の全50話を相関図付きで紹介!

愛人がいます-概要

「愛人がいます」は韓国のSBSで2015年に放送された愛憎劇。原題は「恋人がいます」。
キャストにはキム・ヒョンジュやチ・ジニが起用され、演技大賞を6冠獲得した。
「バリでの出来事」のチェ・ムンソクが演出を、「スキャンダル」のペク・ユミが脚本を担当。

スポンサーリンク


愛人がいます-あらすじ-13話-14話

愛人がいます-13話

ペク・ソクと一緒にいるヨンギがあまりにもヘガンと似ているのに驚き、ソルリはペク・ソクにヨンギのことはちゃんと調べたのかとたずね、ペク・ソクは本物のヨンギの職場の同僚から話を
聞いた時のことを思い浮かべる。ソルリの家の前でヨンギを名乗るヘガンと再会したジノンは、ヨンギのことが気になってヨンギの車に乗り込み、ヨンギの仕事を手伝うはめになる。
ジノンがヨンギと一緒にいたことを知ったソルリは、ペク・ソクとヨンギの関係を話す。一方、ヨンギとジノンが一緒にいるところを見たペク・ソクは不安を抱く。
そんな中、フドキシンが市販されて6年の年月がたち、副作用を訴える人が現れる。テソクに寝返ったキムPDは、副作用を訴える人が増えていくはずだとテソクに報告する。

愛人がいます-14話

ヘガンと暮らしていた家を訪れたジノンは、涙を流しながらギュナムにヘガンの身に何があったのかたずね、ギュナムはジノンに、ヘガンは再婚して幸せに暮らしてると答える。
ソルリは、ジノンの家に行き食事を作るのだが、偶然マノの部屋でヘガンのパスポートを見つけ、ヘガンが中国に行っていないことに気づく。
ヘガンは、依頼人の娘のお見舞いに行き、ギュソクにトッコ・ヨンギの名前の名刺を渡す。そして、ギュソクは以前、娘の病気をメールで相談したトッコ・ヨンギという女性のことを思い出し、ヘガンにウジュのことを聞く。
ソルリはヘガンを連れてロブスターの店に行き、あとから合流したジノンは、ヘガンにロブスターを食べるなと言うのだが、ヘガンはロブスターを食べて倒れてしまう。

韓国ドラマ 愛人がいます 相関図 キャスト
韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket