韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 5話~6話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 5話~6話 相関図
BSで放送予定の「愛人がいます」を相関図付きであらすじをネタバレ!
最終回の視聴率は10%を記録しDVDと動画も人気!
挿入歌入りのOSTの感想も高評価!キャストも紹介!

韓国ドラマ-愛人がいます-あらすじ

このページは「愛人がいます」の5話~6話のあらすじと概要を配信しています。BSジャパンで放送予定の全50話を相関図付きで紹介!

愛人がいます-概要

「愛人がいます」は韓国のSBSで2015年に放送された愛憎劇。原題は「恋人がいます」。
キャストにはキム・ヒョンジュやチ・ジニが起用され、演技大賞を6冠獲得した。
「バリでの出来事」のチェ・ムンソクが演出を、「スキャンダル」のペク・ユミが脚本を担当。

スポンサーリンク


愛人がいます-あらすじ-5話-6話

愛人がいます-5話

ジノンの具合が悪いと聞いたソルリはジノンのことが心配になり、ヘガンに頼まれた書類をバイク便で送らず直接届けに行くのだが、そこのヘガンが母親のギュナムを連れて現れる。
ギュナムに水を浴びせられたソルリを近くの公園に連れていったヘガンは、ソルリに着替えを渡し、ソルリに跪きながらジノンへの思いを話す。
そんな中、ジンリがエレベーターの中で女子社員に土下座させた動画がネット上で広まり、ジノンをバッシングする記事まで出る。
テソクとヘガンは、ヨンギを脅すために、ヨンギと一緒にセクハラでピョン部長を訴えたミエを寝返らせ、ピョン部長に名誉毀損でヨンギを訴えさせる計画を立てる。
ジンリの動画を見たマノはヘガンの助言を受け入れ、ジンリを副社長から解任すると言い、マノはテソクではなくヘガンを副社長にすると言う。
病気のことをヨンギに隠しているナム・チョロクは、新しい大家に家を明け渡すようにと要求され、テソクはヨンギのパソコンからソンリョンの映像を入手することに成功するのだが…。

愛人がいます-6話

ジノンは酔ったソルリをおぶって研究室に戻る途中ヘガンに出くわすのだが、ヘガンはそんな2人の顔に手を上げる。
怒りが爆発したヘガンはジノンの書斎をメチャクチャにし、ジノンはヘガンの寝室をメチャクチャにする。
何者かに襲われたキムPDは、ヨンギに千年製薬の組織図を持って来てもらい誰が黒幕なのか調べようとする。何とか千年製薬を自分のものにしたいジンリは、セヒとヘガンの電話を立ち聞きし、ソルリの存在を知る。
チョロクの依頼で千年製薬を訪れたペク・ソクが、受付でサンファサンというドリンク剤をマノより1年早く開発した人がいることを話しているのを、偶然、テソクが耳にする…。

韓国ドラマ 愛人がいます 相関図 キャスト
韓国ドラマ 愛人がいます あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket