韓国ドラマ 紳士の品格 あらすじ 15話~16話 全話

   2017/05/03

韓国ドラマ 紳士の品格 あらすじ 15話~16話 全話をネタバレ!
最終回の感想つき!BSで放送予定で視聴率は平均20%!
挿入歌入りのOSTと動画(日本語字幕)も人気!キャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-紳士の品格-あらすじ

このページは「紳士の品格」の15話~16話のあらすじと概要を配信しています。BS朝日で全20話を放送予定!

紳士の品格-概要

『紳士の品格』は、2012年に韓国のSBSで放送されたドラマ。
キャストはチャン・ドンゴンとキム・ハヌルを主演に起用し、人気グループCNBLUEのイ・ジョンヒョンも出演した。
『セックス・アンド・ザ・シティ』の韓国男性版として人気になり、韓国での最終回は23.5%の視聴率を記録した。

スポンサーリンク


紳士の品格-あらすじ-15話-16話

紳士の品格-15話

ドジンはウニから、8年まえに息子に韓国名を付けてもらおうと会わせようとしたが、約束の時間にドジンがこなかったと知らされる。そのころ記憶障害が発病したため約束した記憶がないのだ。別れ方も身勝手なドジンに、イスは「私が嫌いになるまで別れられない、私のやり方で別れる」と言い放つ。一方、ドジンは、コリンを連れて帰るというウニに、コリンは僕に任せて自分の幸せを優先して欲しいと伝える。

紳士の品格-16話

12歳のときに自分を捨てて再婚し、夫の連れ子を育てた母をイスはずっと避けて来た。約6年ぶりに再会した母から再婚相手先の相続争いの話を聞き心を痛めるイス。ドジンの家に残ることにしたコリンは、イスの高校に編入する。父兄面談で会うイスとドジンだが、ぎくしゃくしたまま終わってしまう。そんなある日、イスは実母の相続問題に巻き込まれ、義兄二人から脅迫を受けてしまう。

韓国ドラマ 紳士の品格 相関図 キャスト 全話
韓国ドラマ 紳士の品格 あらすじ 全話一覧

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket