韓国ドラマ 紳士の品格 あらすじ 13話~14話 全話

   2017/05/03

韓国ドラマ 紳士の品格 あらすじ 13話~14話 全話をネタバレ!
最終回の感想つき!BSで放送予定で視聴率は平均20%!
挿入歌入りのOSTと動画(日本語字幕)も人気!キャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-紳士の品格-あらすじ

このページは「紳士の品格」の13話~14話のあらすじと概要を配信しています。BS朝日で全20話を放送予定!

紳士の品格-概要

『紳士の品格』は、2012年に韓国のSBSで放送されたドラマ。
キャストはチャン・ドンゴンとキム・ハヌルを主演に起用し、人気グループCNBLUEのイ・ジョンヒョンも出演した。
『セックス・アンド・ザ・シティ』の韓国男性版として人気になり、韓国での最終回は23.5%の視聴率を記録した。

スポンサーリンク


紳士の品格-あらすじ-13話-14話

紳士の品格-13話

ドジンに「一緒に住もう」と言われ喜ぶイスだが、「同じ言葉で私は別れた」とセラ。スパイ契約を結んでいるジョンロクから、ユンが弁護士の同僚女性と食事をしていると連絡を受け邪魔をしに行くメアリ。セラと別れたテサンはセラのことを忘れることができず、完全に失恋モード。一方、コリンは突然4人に向かって、「この中に僕の父がいます」と打ち明ける―。

紳士の品格-14話

本当の旅行の目的は実父に会うことだったと言うコリン。パスポートのコリンの生年月日を見て、自分が父親だと直感するドジン。ドジンはコリンの母ウニと会い、何も知らずひとりで子供を育てさせたことを謝る。一方、ドジンに自分には恋人でいる資格はないと、別れ話を切り出されるイス。「幸せは予知できないけど、悲しい予感は外れない。幸せすぎて妙だと思ってた」と、思わぬ逆転劇にイスは心を痛める。

韓国ドラマ 紳士の品格 相関図 キャスト 全話
韓国ドラマ 紳士の品格 あらすじ 全話一覧

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket