韓国ドラマ 凍える華(天上の約束) あらすじ 100話~102話(最終回) キャスト

   2017/05/03

韓国ドラマ 凍える華(天上の約束) あらすじ 100話~102話(最終回) キャスト
「凍える華(天上の約束)」の最終回までのあらすじをネタバレで配信!
キャストも紹介!相関図も準備中!BSで放送予定!
最高視聴率は20%越え!動画とDVDの感想も面白いという評価ばかり!

韓国ドラマ-凍える華(天上の約束)-あらすじ

このページは「凍える華(天上の約束)」の100話~102話のあらすじと概要を配信しています。BS11で全102話を放送予定!

凍える華(天上の約束)-概要

「凍える華」は韓国のKBSで2016年に放送された愛憎劇ドラマ。原題は「天上の約束」。
キャストは『私はチャン・ボリ!』のイ・ユリが1人2役で主演に起用された。
韓国では初回放送から同時間帯の視聴率1位を記録し、最高視聴率は22.3%に達した。

スポンサーリンク


凍える華(天上の約束)-あらすじ-100話-101話-102話

凍える華(天上の約束)-100話

ユギョンは金融業者を待っている。
そこにやってきたのはナヨンだった。
ユギョンは、またナヨンの罠にはまったことに気付いた。

ナヨンは母がお金を要求したと言った言葉を取り消せと言う。
夫にも娘にも裏切られて家まで取られた、最後の1つまで奪い取ってやると言うナヨン。
最後までやってみろ、自分も特別なプレゼントを用意しておくと言うユギョン。
まだ強気ですね

家に戻ったユギョンはギョンワンが出て行ったのを知り泣き崩れる。

ギョンワンはフィギョンを呼び出した。
フィギョンに、ユギョンとは離婚するからナヨンを引きとめろと言う。

ユギョンはフィギョンに会いにきた。
ナヨンのたくらみで家が差し押さえられた、母を家から追い出されたくないならナヨンを何とかしろと言うユギョン。

ナヨンに会うフィギョン。
また裏切られた気分だと言うフィギョン。
テジュンもギョンワンも望み通りに出て行った、それなのに母の家まで取り上げるのかというフィギョン。
姉の借金は自分が払うから差し押さえを取り消せと言う。
すでに他人の物になったから遅いと言うナヨン。
残酷な人だと言うフィギョンにあなたへの感情はないと答えるナヨン。

2人の会話を聞いているユギョン。
ユギョンが聞いているのをわかっていてわざと冷たくしている?

テジュンを捜すセジン。
テジュンの母も行方がわからないと言う。
セジンと結婚させずに、ナヨンと結婚させれば良かったと言う母。
今からでもそうしたらいいとキレるセジン。

テジュンは建築現場で働いていた。

酔っているセジンに記者がギマンの戸籍に移すつもりかと聞く。
記者に絡むセジン。
そこにユギョンがやってきて記者を叩く。

セジンはユギョンに、テジュンが出て行ったのはナヨンのせいではなく母のせいだと言う。
一度もテジュンに優しい言葉をかけてあげたことがないと言うセジン。

ドヒの父はナヨンに復讐をやめてしばらく海外に行けと言う。

ユギョンはギマンに会いにきた。
セジンを認知する気があるのかと聞くユギョン。
会見したことを後悔していると言うギマン。
ユギョンは会見を開くことになったいきさつもナヨンの仕業だと知った。

ドヒの父はナヨンから預かったと家の権利書をフィギョンに渡した。
やっぱり優しいナヨン

テジュンの居場所がわかったセジン。
ナヨンもテジュンを探し当てた。

ナヨンはテジュンにセジンと別れるのかと聞く。
何も考えたくないと言うテジュン。
2人が会っているのを見ていたセジン。

セジンはナヨンを車に乗せて連れて行く。

その車を追跡する男がいた。
ユギョンが指示をした男だった。
自分の娘が運転しているともしらずに…

スピードを出して車を走らせるセジン。
セジンは自分が手に入れられないものはナヨンにも渡さないと言う。

そこに追ってきた車がセジンの運転する車の前に入ってきた。
ハンドルを切り、電柱に突っ込むセジンたちの車。

男はユギョンに電話をしてナヨンの車を始末したと言う。

凍える華(天上の約束)-101話

病院に運ばれるナヨンとセジン。

病院に駆けつけるユギョン。
セジンは腎臓が破裂していて危険だと言う。
ナヨンは軽傷だった。
ユギョンはナヨンの車にセジンが同乗していたのを知った。

ナヨンのせいだと言うユギョン。
寝ているナヨンにセジンに何かあったら自分もナヨンもこの世にいないと言うユギョン。
すべてユギョンのせいでしょう!

男に電話をして娘が同乗していたのに気付かなかったのかと怒鳴るユギョン。
その電話を聞いていたフィギョン。
ユギョンにナヨンを狙って事故を起こしたのかと聞くフィギョン。
ナヨンのせいで引き裂かれた家族のことを考えないのかというユギョン。
すべてユギョンのせいだと答えるフィギョン。

目を覚ましたナヨンに刑事が事故のことを聞きたいとやってきた。

セジンは腎臓を1つ摘出した。
過去に腎臓を悪くしていて、摘出したほうは健康な腎臓の方だった。

テジュンにセジンが事故にあったと伝えにきたナヨン。
セジンは自分達が一緒にいるのを見て、怒って車に乗り込んできたと話すナヨン。
愛してくれている女を守れないなんてテジュンらしいと言うナヨン。

刑事から運転していたセジンが助手席に座っていたナヨンを守ろうとしていたようだと聞いたナヨン。

セジンに会いにきたテジュン。
ユギョンはなぜセジンを苦しめるのかとテジュンに掴みかかる。
今後はセジンのそばから離れるなと脅す。

セジンの残った腎臓はあまり機能していないので腎臓移植しなくてはならないと話す医師。
しかし、家族の中には適合者はいなかった。

ギマンに頼みにきたユギョン。
検査を受けるのは良いが、家族の許可を取らなければならないと答えるギマン。
頼みにきた自分が間違っていたと言うユギョン。

ナヨンに検査を受けろと言うユギョン。
命令ですか!

ナヨンの身代わりで事故にあったのだと言うユギョン。
ナヨンは検査を受けると言う。
そこにフィギョンがやってきて検査を受ける必要はないという。

セジンになぜ自分が助かる方向にハンドルを切らなかったのかと聞くナヨン。
勝手に想像しろと答えるセジン。

実はセジンは、ユギョンが男にナヨンの車をぶつけろと電話で指示をしているのを聞いていたのだった。
ナヨンを助けたセジン!

ナヨンはセジンと腎臓が適合した。

ユギョンはフィギョンにナヨンを説得してくれと頼む。
先に謝罪しろと言うフィギョン。
そんな時間はないというユギョン。
謝る時間くらいあるでしょう

フィギョンはナヨンに会いにきた。

凍える華(天上の約束)-102話

フィギョンがセジンへの移植を頼みにきたと思ったナヨン。
ナヨンは移植すると言う。
後悔するかもしれないと言うフィギョン。

セジンが危篤状態になった。
テジュンにナヨンを連れて来いと言うユギョン。

刑事から事故の話を聞くナヨン。
最初から男がナヨンの車を狙っていたようだと説明する刑事。
ナヨンはユギョンの仕業だと知った。

警察から出てきたナヨンにユギョンを許すなというフィギョン。
そうだ! 許すな!

ユギョンはナヨンを呼び出した。
セジンが待っている、時間がないと言うユギョン。
ナヨンはセジンに腎臓はあげないと言う。
母を殺したあなたに自分の臓器を欲しがる資格があるのかというナヨン。
殺していないというユギョンに、直接手はくだしていないかもしれないが、今度はあなたがやったと言うナヨン。
人を使って自分を殺そうとしただろうというナヨン。
あなたの罠にセジンがはまったのに、自分のせいにしたと言うナヨン。

ユギョンはナヨンに土下座をしてセジンを助けてくれと頼む。
セジンだけは助けてくれと泣くユギョン。
嘘の涙だと言うナヨン。

ユギョンはナヨンの母の事故のことを話した。
あの時はギョンワンに捨てられそうで怖かったと言うユギョン。
世間に公表して罪を償うからセジンを助けてくれとすがるユギョン。
だまって出ていくナヨン。

雨の中一人で歩くナヨン。

ユギョンも泣き崩れる。
かわいそうには見えない…

ナヨンは移植することにした。

セジンの手術の日、ユギョンを逮捕すると刑事がやってきた。
ギョンワンにセジンのことを頼むといい、連行されるユギョン。

ユギョンは懲役3年の実刑を受けた。

5カ月後…

ドヒの納骨堂にやってきたギョンワンとセジン。
セジンはドヒって誰?とギョンワンに聞く。
記憶がない…

セビョルの写真を見て、自分はセビョルを可愛がっていたでしょうと聞くセジン。
何も覚えていないのかもどかしいと言うセジン。

ギョンワンは田舎で農業をして暮らしているようだ。
セジンには今ユギョンは今アメリカにいると話している。

拘置所にいるユギョンに会いにきたフィギョン。
ユギョンはセジンの記憶は戻っていないかと聞く。
そのほうが幸せだと言うフィギョンはセジンの写真を見せる。

ナヨンからは連絡がないのかと聞くユギョン。
嫌われたようだと答えるフィギョン。
自分のせいで悪かったと言うユギョン。
拘置所で反省したようだ

フィギョンにナヨンを捕まえろと言うユギョン。
セジンを救ってくれた恩返しがしたいというユギョン。

ナヨンが戻ってくると聞いたフィギョン。

ナヨンの母のチキン屋は300号店まで店舗を広げていた。

グムボンたちの双子の赤ちゃんが誕生した。

ナヨンを迎えに空港にやってきたフィギョン。
ナヨンを見つけて近づこうとするが、テジュンが一緒にいるのを見てその場を去った。
テジュンとナヨンは機内で偶然に会っただけだった。

セジンも空港にやってきた。
テジュンとぶつかるが、セジンはテジュンのことがわからない。
以前あったことがあるでしょうとテジュンを見回すセジン。
テジュンに連絡をしてくれと名刺を渡すセジン。

セジンはギョンワンの代わりにナヨンを迎えにきたのだった。
ナヨンに挨拶するセジン。
行こうとするセジンにナヨンは待っている人がいると答える。
フィギョン?

テジュンは空港を出たところでフィギョンを見つけた。
フィギョンにナヨンが待っているはずだと言うテジュン。
あわてて空港に戻るフィギョン。

テジュンを追いかけてきたセジン。
テジュンに握手を求め、自己紹介する。

ナヨンと再会したフィギョン。
ナヨンはフィギョンに来るのが遅いと言う。
この場所は2人が初めて会った所だ、2度目のはじまりもこの場所からだと言うフィギョン。

抱きしめあう2人。

韓国ドラマ 凍える華(天上の約束) キャスト
韓国ドラマ 凍える華(天上の約束) あらすじ 全話一覧 キャスト

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket