韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 15話~16話 再放送

   2017/05/02

韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 15話~16話 再放送
BSで放送予定の「イニョプの道」を最終回まで感想ありでネタバレ!
視聴率も好調でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-イニョプの道-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「イニョプの道」の15話~16話のあらすじと感想を紹介しています。NHKのBSプレミアムで再放送される全20話を配信しています!

イニョプの道-概要

「イニョプの道」は、韓国のJTBCで2014~2015年にかけて放送された韓国時代劇です!
身分や階級などが違う4人の男女がそれぞれの壮絶な運命に立ち向かいながら前に進んでいくラブストーリーです!

■原題:下女たち
■韓国放送視聴率-最終回:5.3%
■監督・演出:チョ・ヒョンタク、シム・ナヨン
■脚本:チョ・ヒョンギョン、キム・スジン、イ・ヘミ

スポンサーリンク


イニョプの道-あらすじ-15話-16話

イニョプの道-15話

ムミョンは王から処刑されるところだったが、なぜか王の剣は空を切ってしまう。そして王は、ムミョンを投獄するよう命じるのだった。ここはイニョプの願いが通じたのかもしれない・・。イニョプはウンチャムに駆け寄って、自分が知ってる真実を直訴した。

それは、ムミョンが口封じのために身の危険を感じている事、また王を排除しようとした男達のこと、その男達がマンウォルダンの一味であることだ。イニョプはムミョンに会い、「必ずあなたを助ける」と約束する。もともと敵対していた二人だが、今では恋仲のようであった・・。一方、ウンギとその父親の正体が明らかになった。彼らはなんと、高麗王朝の末裔だったのである!

その謀略の目的は、バンウォンを亡き者にして挑戦を滅ぼすことである。そしてバンウォンを始末させるのが、ムミョンだったのである。これを知ったイニョプは愕然として、ウンギのことを裏切り者だと思うようになる。イニョプはカヒの案内でウンギに会うことになったが、そのとき、ムミョンとバンウォンの会見をセットしたのがウンギであったことを知らされる。一方、ムミョンは牢獄を抜け出していた…。

イニョプの道-16話

ムミョンは王に答えて言った。「バンウォンに復讐するよう仕向けたのはマンウォルダンだ」と。ムミョンの父親はバンウォンだったが、マンウォルダンは息子が父親を始末するよう仕向けたというのである。王はチグウォンが首領なのか?とムミョンに聞くが、ムミョンは「そうだ」と答える。王はふたたびムミョンに反撃を加えることにしたが、それに対してムミョンは意外な反応を示す。

なんと、ムミョン自ら自分を処刑してほしいと願い出たのである。そしてムミョンの処刑の日がやってくる・・。処刑の方法は毒殺だったが、ムミョンはあてがわれた毒薬を飲み干して倒れてしまう。ムミョンが処刑された・・その知らせはイニョプのもとにも届いた。彼女はショックを受け、狼狽しながらただ涙を流すしかなかった。

一方、サウォルは解放され、イニョプの許に戻った。しかしせっかく戻ったサウォルは、ふたたびチグウォン邸で奉公することに。これでまたイニョプは一人ぼっちになるのだった。ウンギはムミョンが去ったことを知り、今こそ民に王を糾弾させるいい機会が来たと言った。そして街中に檄文が張り出され、王に対する糾弾が始まった。王は自分の息子に手をかけた・・こんな王を国父としてよいのか・・檄文はそのような内容だった。しかしこれは自然発生的な糾弾ではなく、全てウンギが仕掛けた陰謀である…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 13話~14話 再放送

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket