韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 13話~14話 再放送

   2017/05/02

韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 13話~14話 再放送
BSで放送予定の「イニョプの道」を最終回まで感想ありでネタバレ!
視聴率も好調でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-イニョプの道-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「イニョプの道」の13話~14話のあらすじと感想を紹介しています。NHKのBSプレミアムで再放送される全20話を配信しています!

イニョプの道-概要

「イニョプの道」は、韓国のJTBCで2014~2015年にかけて放送された韓国時代劇です!
身分や階級などが違う4人の男女がそれぞれの壮絶な運命に立ち向かいながら前に進んでいくラブストーリーです!

■原題:下女たち
■韓国放送視聴率-最終回:5.3%
■監督・演出:チョ・ヒョンタク、シム・ナヨン
■脚本:チョ・ヒョンギョン、キム・スジン、イ・ヘミ

スポンサーリンク


イニョプの道-あらすじ-13話-14話

イニョプの道-13話

ウンチャムは兵曹判書を務めていたが、あるときムミョンと会うことになった。そして、王の落胤の老婆が消されてしまったことを知らされる。ウンチャムは老婆を保護できなかったことで責任を感じ、また落胆するのだった。王が激怒することは目に見えていたが、その怒りを静めるためにはイニョプがクク・ユの謀反を証明するしかないとムミョンは進言した。

一方、ムミョンは自分がマンウォルダンの一味であることを告白する。イニョプはすでに投獄されていたが、王バンウォンは芸妓のカヒの何気ない一言でそのことを知るのだった。その頃、ヘサンはムミョンの身を案じていた・・。なぜなら、ヘサンはムミョンの育ての親だったからである。ムミョンは王を襲おうとしていたが、ヘサンはムミョンがバンウォンの息子であることを伝えようとする。

そして彼女は王宮に向かったが、途中であっけなく最後を迎えてしまうことに。一方、サウォルは獄中のイニョプと会って、ある髪飾りを手渡した。それは、ムミョンがバンウォンに会う前に渡してほしいとヘサンが言い残した、あの髪飾りである!イニョプはウンチャムに呼び出されるが、ムミョンと一緒に王宮へと向かうことになった…。

イニョプの道-14話

命の危険に襲われていたイニョプだったが、間一髪、ムミョンによって救出される。しかし、逃亡者の身となり、父の無実も晴らせなかったことに、イニョプは落ち込む。ムミョンはそんな彼女を見て、「心を強く持て!」と励ますのだった。イニョプはムミョンに父親に会えたのかと尋ねたが、ムミョンは、会うことは会ったが感情的な出会いはできなかったと言った。これから二人はどうするのか・・。

ムミョンはまず、イニョプをホンチャム邸の地下牢に隠すことにした。そしてその世話はサウォルにさせることに。イニョプは不安を覚えたが、ムミョンはちゃんと策を持っているようだった。その頃、キム・チグォンとウンギの二人は、ある相談をしていた。それは、王暗殺計画が失敗したことについてどう処理するかである。ムミョンの素性についてチグウォンは王様の息子だと言ったが、それを聞いてウンギは驚くのだった。

夜になってからムミョンは、密かにホ・ウンチャムを訪ねていた。それはイニョプを助けるための取引を仕掛けるためである。そしてとうとうイニョプは釈放されることになり、無罪放免とされた。しかし、ウンギはふたたび嫉妬心を燃やすのだった・・。そしてウンギはバンウォンに会い、王の命はふたたびムミョンに狙われると進言した…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 11話~12話 再放送

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket