韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 11話~12話 再放送

   2017/05/02

韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 11話~12話 再放送
BSで放送予定の「イニョプの道」を最終回まで感想ありでネタバレ!
視聴率も好調でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-イニョプの道-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「イニョプの道」の11話~12話のあらすじと感想を紹介しています。NHKのBSプレミアムで再放送される全20話を配信しています!

イニョプの道-概要

「イニョプの道」は、韓国のJTBCで2014~2015年にかけて放送された韓国時代劇です!
身分や階級などが違う4人の男女がそれぞれの壮絶な運命に立ち向かいながら前に進んでいくラブストーリーです!

■原題:下女たち
■韓国放送視聴率-最終回:5.3%
■監督・演出:チョ・ヒョンタク、シム・ナヨン
■脚本:チョ・ヒョンギョン、キム・スジン、イ・ヘミ

スポンサーリンク


イニョプの道-あらすじ-11話-12話

イニョプの道-11話

とうとうイニョプは、父の遺言書を王イ・バンウォンに見せた。遺書を見た王は驚いたが、しかまだ証拠が十分ではないと言った。イニョプは真犯人がウォンチャムの屋敷にいるはずだと思っていたので、そのことを王に伝え、もしそれがウソだったら自分を処刑してくださいと覚悟を見せた。

その頃、チグウォンは息子のウンギと霊廟で話をしていた。ウンギはマンウォルダンとの関係を問い質したが、チグウォンは真実を告げることに。その真実は、ウンギにとってはどれも信じられないものだった。まず、チグウォンが高麗王朝の末裔であること、そしてイ・バンウォンやその一族、仲間達に復讐したいと思っていることなど、どれも衝撃的な事実ばかりである。

一方、ウンチャムの屋敷に戻ったイニョプはまた元の下女生活に戻っていた。しかし彼女はムミョンに会い、マンウォルダンとの関係を尋ねるのであった。しかしそれに対してムミョンは口を閉ざし、自分を好きにすればいいというだけで真実を教えない。時に、落胤の証拠の髪飾りがなくなったが、その髪飾りは下女長のヘサンの手元にあった。ムミョンは不思議に思ったが、どうしてなのか理由はまだ分からない…。

イニョプの道-12話

下女のオギは世を去ってしまったが、イニョプはそのシに不審な点があると思った。それは、彼女が何者かに襲われた形跡があったからである。一方、下女長のヘサンとムミョンがウンチャム邸から解雇されてしまう。理由は、下女のオギを匿ったこと、また彼女の息をとめてしまったことである。残念な終わりを迎えたオギは、奴婢たちによって丁寧に埋葬されるのであった・・。

ムミョンはウンギに呼び出され、自分の下で下男として仕えるよう言い渡される。その様子をイニョプが見ていたが、彼女はウンギのらしくない態度を見てムミョンに助け舟を出す。しかウンギも言い返し、身分の高い人間が奴婢を扱うときの態度はこのようなものだと言う。ウンギは以前とは違う人間になったかのようである・・。

一方、イニョプとタンジは、このままオギの最後がうやむやにされてしまうのが我慢できなかった。そこでイニョプはイを決して上訴文を書くことにした。そしてそれを義禁府の壁に張り出すのだが・・。イニョプが上訴文を張ったことにより義禁府の前では騒動が起きる。誰がこのような狼藉を働いたのかと問いただされるが、イニョプは正直に名乗り出るのであった。一方、パンウォンは全てを話すというイニョプとの会見を承諾することに…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ イニョプの道 あらすじ 9話~10話 再放送

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket