韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 70話~72話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 70話~72話 最終回までネタバレ!
BSで放送予定の「星になって輝く」のキャストと相関図も公開で感想も面白い!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

このページは韓ドラ「星になって輝く」の70話~72話のあらすじをネタバレしています。

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-70話-71話-72話

星になって輝く-70話

ミスンはクラブ・ダイアモンドで働くボンソンの元を訪ねていく。

そこでこのクラブの社長がソングクだと聞いたミスンは驚愕する。
ジョンレはボンヒが自分の娘であることを証明しようとエスクの元に向かう。

その一方、モランはボンヒの事を追い出そうと必死だったのだ。
モランはボンヒを追い出すための方法を模索し、ある企みを思いつく。

星になって輝く-71話

モランは生地の盗難も犯人をボンヒに仕立てあげることにしたのだ。

もちろん無実のボンヒだったが、店の鍵を持っていたボンヒは疑われ追い詰められてしまう。

冤罪であることを信じてもらえないボンヒは、自分の手で真犯人を捜し出すことを決めた。

そして盗まれた生地を取り返すために動き出したのだった。
お金儲けの事ばかり考えていたソングクは、ユン会長と商工部長官の話を耳にした。

そこでソングクは新たな金儲けの方法を考えつき、ミスンに共同経営者にならないかと持ち掛けたのだった。
モランはソングクによって生地を盗んだという疑いをかけられていた。

疑えわれ不安を感じるモランはある行動に出る。

星になって輝く-72話

エスクとドンピルはモランがミスンの産んだ子供について調べているのを知り困惑していた。
お金儲けのため何かを企むソングクは、イム社長のオフィスを買収したのだ。
ボンヒは自分が疑われている盗難された生地を捜し出すため、1人奔走していた。

しかしそう簡単に生地を捜し出すことはできなかった…。
モランはソングクから生地の横領を疑われてしまい、危機を感じていた。

そこでモランはユン会長に助けを求めるのだった。
ボンヒへの想いを消すことのできないジョンヒョンは関係を認めてもらうため、ジョンレを訊ねていく。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 67話~69話 最終回

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket