韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 37話~39話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 37話~39話 最終回まで感想とネタバレあり!
BSで放送予定の星になって輝くのキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

このページは韓ドラ「星になって輝く」の37話~39話のあらすじをネタバレしています。

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-37話-38話-39話

星になって輝く-37話

エスクはパク・サラがミスンだと知ったが、ドンピルに言わない事を決めた。
一方、サンプルのスカートを作ったボンヒ…。

ボンヒはジョンヒョンには会えないと、スカートを渡してもらうよう頼むのだった。

ソングクは知り合いの会社の面接に向かう。

ジョンヒョンはユン会長からナイロンの在庫処理について聞かれ、企画書を出すと答える。そんな中、ジョンヒョンはソングクを見かけ呼び止めた。

ソングクは口実を作ってボンヒに会いに来るなと忠告した。
モランは裁断室でボンヒに、一緒に服の勉強をしないかと話した。

そして服の作り方を覚えて洋装店を出してはどうかと提案する。

モランは母にボンヒの事が許せないと言い、どうにかボンヒをここで働かせたいというのだった。

一方、ユン会長はドンピルがナイロンでスカートを作っていることなどの報告を受けた。そこにジョンヒョンがナイロンの在庫処分するための企画書を持ってきたのだ。

ユン会長はこの企画が成功したらその後もボンヒと会うのか聞いた。

ジョンヒョンは会社のためなら仕方ないと答える。
一方、ミスンの店にはパク・サラが娼婦だったという噂が流れ返品が相次いでいた。

ミスンはそれがエスクの仕業とわかっていた…。
エスクがボンヒの家にやってきた。そしてボンヒを自分の店で働かせてくれないかとジョンレに頼んだのだ。

星になって輝く-38話

エスクはマンボクを見て驚愕し、顔を見られそうになると慌てて帰って行った。

そしてすぐにそのことをドンピルに知らせたのだ。

エスクはマンボクがチョ・ジェギュン事件の証人だと言い、もしあの時の事を話されたら自分たちは割りだと言った。

ドンピルは一言、葬らないといけないと呟くのだった。

チャンソクはドンピルとエスクの会話を聞いていた。

ジョンレはボンヒがエスクの店で働けば辛い思いをすることがわかていると言った。

しかしもしボンヒが働きたいなら応援するというのだった。

ボンヒはオードリー洋装店で働くことを決めた。
チャンソクはマンボクが外に出てきたところを捕まえた。

そしてドンピルの写真を見せ、この男が陥れた男だと言ったのだ。
翌日、マンボクの前に現れたドンピル。

ドンピルの事を知らないと答えたマンボクだったが、前日、チャンソクからもしドンピルが来たら覚えてないと言えと指示を受けていたのだった。
エスクはボンヒ、ドンピルはチャンソクの事を監視し始める。
ファギョンがクラブ開店の粗品を持ってきた。ミスンは高級クラブのママらしく上品に振る舞うよう注意した。

ジョンヒョンは秘書の報告で第一工場をテヨンが使っている事を知った。

ジョンヒョンはォ―ドリー洋装店前にやってきた。そこで中をのぞいてみるとそこにはボンヒがいた。

思わず笑みがこぼれるジョンヒョン…。

その時ソングクがボンヒを抱きしめるのを目撃した…。

星になって輝く-39話

ソングクはボンソンを今すぐ捜しに行きたいと言うボンヒの事を抱きしめた。

目撃してしまったジョンヒョンはショックだった。

ボンヒからボンソンの事を聞いたジョンレはソングクに今すぐ連れて行ってほしとお願いする。

確認しに向かったジョンレたちだったが、確かにこの辺に住んでいると聞かされる…。

しかしそのボンソンに会いに行くとまったくの別人だったのだ。

ジョンレはボンソンが幸せであることを願うのだった。
食堂のオープン日、チャンソクが現れた。

マンボクは動揺していた。

自分は人の命を奪ってはいない。それを分かってほしと話したチャンソク…。
モランは掃除を終えたボンヒに声をかけ、イラストを描いてみるかと言った。

しかしボンヒはモランの言う専門用語がわからなかった…。
ミスンはクラブ・ダイアモンドのカードを見ながら考えていた。

ドンピルに言われた言葉を思いだしたミスンは持っていたカードを握り潰す。

ジョンヒョンは工場長に会い、テヨンがナイロンでスカートを大量生産する事を教えてもらった。ソングクとファギョンはテヨン紡織へ営業に向かう。

ソングクはいつかこの工場をお前に帰してやると心に誓っていた。
ジョンヒョンは友人のミョンギレを呼び出すとあるお願いごとをしたのだった。

その後ジョンヒョンはミョンギレからもらったスカート持って社長室に乗り込んだのだ。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket