韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 31話~33話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 31話~33話 最終回まで感想とネタバレあり!
BSで放送予定の星になって輝くのキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

このページは韓ドラ「星になって輝く」の31話~33話のあらすじをネタバレしています。

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-31話-32話-33話

星になって輝く-31話

ジョンヒョンが連行されるのを見て、ボンヒはジョンヒョンとの事を走馬灯のように思い返し涙がこぼれ落ちる。

ドンピルはイム社長にジョンヒョンの事を必ず連れてくるようこんなお願いをしていた。
そんな中、ソングクはジョンヒョンを刑事たちから逃がしたのだ。そして絶対に警察に捕まるなと告げたのだった。
エスクはGBブティックへ偵察に向かったものの、サラ・パクに会う事はできなかった。しかし何とか正体を暴こうと誓うのだった。

そこにモランが帰ってきた。モランは顔面蒼白でジョンヒョンの事を警察に密告してしまったと報告する。エスクはモランを抱きしめると、この事は絶対に誰にも言ってはいけないと話したのだった。

キム刑事にジョンヒョンの居場所を聞かれるボンヒだったが、知らなかった。

刑事から棒でたたかれそうになるボンヒだったが、ソングクがかばい痛めつけられる…。

ジョンヒョンはキム刑事に電話をかけた。そして自分が自首すれば、ソングクとボンヒを釈放してくれるかと尋ねたのだ。

星になって輝く-32話

キム刑事はジョンヒョンの事を殴りつけた。ジョンヒョンはソングクとボンヒを返すよう訴え続けていたが、キム刑事は更にジョンヒョンの事を痛めつける。

ソングクは捕まったジョンヒョンを見て助けなければよかったと後悔していた。

ユン会長は秘書から、ジョンヒョンがボンヒのために自首したと報告を受ける。
キム刑事の書類を見たユン会長は、キム刑事が不正を働いていたことを知った。

ユン会長は署長と交渉する…。そしてキム刑事は自宅待機となった。

ボンヒは留置場の中でジョンヒョンのことを思い出していた。
一方、モランはエスクとジョンヒョン母の見舞いに行く。そしてジョンヒョン母の心をつかんだモランは0年ぶりにジョンヒョンの部屋に入ったのだ。

モランは引き出しからスケッチブックを発見し、その中を確認した。

するとそこには11歳から21歳までのボンヒの似顔絵が描いてあった。

モランはその絵を破ろうとしたその時、ジョンヒョンが入ってきたのだ。

モランはジョンヒョンがボンヒ一筋だと知りショックだった…。

星になって輝く-33話

イム社長はソングクが警察からジョンヒョンを助けたことを思い出し、もしかしたらソングクを自分の部下にできるかもしれないと考える。

ユン会長はチョ社長家族と関わっていることに困惑していた。しかし秘書はジョンヒョンの頼みを聞き、この際入社させてはどうかと提案したのだ。

ユン会長はすぐに署長に電話するが、ボンヒは釈放できるがソングクの釈放は難しいと答える。釈放されたボンヒをモランが迎えにやってきた。

一方、留置場にいるソングクはボンヒが釈放されたと聞き安心していた。

ユン会長ジョンヒョンに現実をしっかり見ろと忠告した。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket