韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 124話~126話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 124話~126話 最終回までネタバレ!
BSで放送予定の「星になって輝く」のキャストと相関図も公開で感想も面白い!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「星になって輝く」の124話~126話のあらすじをネタバレしています。
それではあらすじを一緒にチェックしていきましょう!

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-124話-125話-126話

星になって輝く-124話

ドンピルは、ボンヒを助けて自分が事故にあってしまう。
そして、病院に運ばれたドンピルだが、状態はあまりよくない。

一方、ソングクはチャンソク事件の目撃者を発見する。
それは釣り人で、ソングクは、証人としてお願いをする。

同じ頃、ドンピルを訪れたエスクとモラン。
二人はモランにお金を出すよう命じるが・・・

星になって輝く-125話

事故に遭ったドンピルは、亡くなってしまった。
それを知ったエスクは、真実を受け止めることが出来ず、困惑する。

そして、今まで行ってきたエスクの犯罪は、警察にバレた。
エスクは警察に連行されていった。

後日、エスク宛に借金取りがやってくる。
モランを守るために、エスクはボンヒにモランを見ていてほしいと頼むが・・・

星になって輝く-126話

エスクは、繰り返し行った犯罪行為が全てバレて、無期懲役になった。
捕まってしまったエスクに、モランも衝撃をうける。

ボンヒは、ジェギュンの事を思い出して、涙を流す。

一方、ミスンは、米国の大学教授にならないかと提案を受けて・・・

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 121話~123話 最終回

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket