韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 121話~123話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 121話~123話 最終回までネタバレ!
BSで放送予定の「星になって輝く」のキャストと相関図も公開で感想も面白い!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「星になって輝く」の121話~123話のあらすじをネタバレしています。
それではあらすじを一緒にチェックしていきましょう!

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-121話-122話-123話

星になって輝く-121話

ボンヒは、ソングクのおかげで、大英紡織を確保することができた。
ボンヒはドンピルに工場を出すように話をする。

経営不振で悩んでいたドンピルは、長官を脅迫して、どうにかしようと動く。
しかし、逆効果で、脅迫したことにより、ドンピルのもとに調査が入ることになって・・・。

一方、ジェギュン事件の再審が決まったチャンソク。
危機を感じたエスクたちは、海外に逃げようとするが・・・。

星になって輝く-122話

ジェギュン事件の再審を受けたチャンソクは、無罪になった。
しかし、無罪が決まってすぐに、チャンソクは亡くなってしまう。

チャンソクを殺害した容疑で、エスクは警察に逮捕される。
それでも、エスクは証拠がないと容疑を否定する。

一方、ドンピルはエスクはとモランを、遠くに連れて行こうと計画を練るが・・・。

星になって輝く-123話

エスクが在宅していることを知った、ジョンヒョンとソングク。
二人は、エスクがいる場所を、たまたま出会った釣り人に、秘密を聴取する。

一方、ジェジュン事件の犯人が、エスクだと知ったドンピル。
ドンピルは、自分がエスクを裁くと言って・・・。

そして、エスクはモランを失ってしまう不安に駆られ、精神状態がおかしくなっていくのだった。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 118話~120話 最終回

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket