韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 103話~105話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 103話~105話 最終回までネタバレ!
BSで放送予定の「星になって輝く」のキャストと相関図も公開で感想も面白い!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「星になって輝く」の103話~105話のあらすじをネタバレしています。
それではあらすじを一緒にチェックしていきましょう!

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-103話-104話-105話

星になって輝く-103話

ボンヒはチェ刑事を訪ねて行った。

そして自身がチャンソクを探したという事実を知らせたのだった。

ドンピルはボンヒから人の命を奪った罪人呼ばわりされてしまう。祖初手ボンヒがその事件の真実を明らかにしようとしていることを知り怒りをあらわにする。

刑事はソングクがどうやってたった1日で大金を手にしたのか問いただす。

するとソングクはドンピルに助けを求めたのだ。

一方、ボンヒはボンソンからモランがエスクの実の娘だと聞かされる。

星になって輝く-104話

エスクはイ・チャンソクがまだ生きているという事を知り動揺する。

ドンピルはエスクがチャンソクに関して何かを隠していると直感していた。

ミスンはボンヒが自分を生んだ母親が自身だと知ったことで涙があふれ出る。

ボンヒはそんなミスンに父親は誰なのかと尋ねてのだ。

星になって輝く-105話

ジョンヒョンはミスンとジョンレの会話を偶然聞いてしまった。

そして真実を知ったにもかかわらずボンヒにを傷つけ続けたモランに腹を立てるのだった。

ボンヒは自分の元を訪ねてきたジョンヒョンに、ユン会長を疑って申し訳ないと謝罪する。一方、ドンピルは自分の首を締めつけるボンヒに警戒し尾行していた。

一方、エスクはチャンソクが入院しているという病院を捜し出し、チャンソクの命を奪おうと企んでいた…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 100話~102話 最終回

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket