我が家のハニーポット-あらすじ-127話~129話(最終回)-ネタバレ

 

我が家のハニーポット-あらすじ-127話~129話-ネタバレ
評価の高い韓国ドラマ「我が家のハニーポット」を最終回まで感想ありでネタバレ!
キャストも豪華で相関図と放送予定も紹介!

韓国ドラマ-我が家のハニーポット-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「我が家のハニーポット」の127話~129話のあらすじをネタバレで紹介しています。

我が家のハニーポット-概要

「我が家のハニーポット」は、韓国のKBSで放送されたハートフルホームドラマです!
借金や就職難に悩むヒロインが、父が亡くなりバラバラになってしまった家族のために奮闘する姿を描いています!

■原題:我が家の蜂蜜の壺-マイスイートホーム
■全65話(韓国語・日本語字幕)
■韓国放送視聴率-最高:30.0%
■演出:キム・ミョンウク「笑ってトンへ」、「君は僕の運命」
■脚本:カン・ジンソン「全てあげるよ」

スポンサーリンク


我が家のハニーポット-あらすじ-127話-128話-129話

我が家のハニーポット-127話

グッキの体調は少し持ち直し、失脚したギルスに変わってプンギルダンの社長に戻ることになりました。ギルスは自分が解任されたことに納得できず、グッキが座る社長室に乗り込んできます。誰のおかげでプンギルダンは大きくなれたんだ、それは俺のおかげだ!とギルス。そして怒りにまかせてグッキを追い出そうとしますが、逆にマルに連れ出されてしまいます。

ギルスの怒りはなおも収まらず、ロビーでもふたたび暴れます。グッキはギルスの暴挙を制するため、その辺にして帰りなさいと言いますが、ギルスはお前の命こそそろそろ終わりじゃないか!と言い返します。一方不正を働いたギルスは解任されましたが、会社の経営状態は悪化しており、株主たちはそのことを懸念していました。グッキはお酒の品質が良ければ必ず経営状態はよくなると信じ、株主たちに対しては、乾杯酒の評判が浸透するまで待ってほしいと言います。

ところがプンギルダンへの不安は仕入先にも波及し、仕入先からの納入が行われなくなります。原料の米がなければ酒は作れない・・と、ボムと丸は仕入先にお願いしてなんとか米を手に入れます。ボムは妊娠していましたが、それでも仕事を優先させて頑張ります。一方グッキも仕事をしていたほうが元気になれると、スーパーで行われていた作業を手伝います…。

スポンサーリンク


我が家のハニーポット-128話

会社から追放されたギルスは、外国へ旅立とうとします。しかし出発の直前に、グッキの肝臓と合致したと病院から連絡を受けます。事故で入院していたアランは意識を回復させますが、自分のことを気にすることもなく、すぐにグッキの移植手術に肝臓を提供したいと言います。

ところが医師は、アランは事故に遭ったばかりだから手術ができないと言います。グッキの家ではソニョンが仮病を装っていましたが、このためアランは病院から自宅に戻って行きます。ソニョンはアランに怒りをぶつけ、ギルスの悪事の黒幕は自分ですと警察に白状しろと言います。グッキは家族に心配をかけたくないので、元気なフリを装って会社に出続けていましたが、実は医師から入院を勧められていました。

ボムは移植検査に合致した人間がもう一人いることを知らされますが、それが誰なのか分かりませんでした。ボムはその適合者の連絡先を教えてほしいと医師に掛け合いますが、医師はこれを拒否します。一方アランは自宅で見つけた書類から、ギルスが肝臓移植検査を受けたことを知ります…。

我が家のハニーポット-129話

グッキはバスの中で意識を失い、ボムたちによって病院に運ばれます。ボムにとっては意外なことでした・・。なぜなら、このところずっとグッキは元気そうにしていたからです。しかしそれはグッキが元気なフリをしていたからで、実際には容態はかなり悪化していたのです。

一方、ギルスはグッキのために肝臓を提供することを決意します。しかし、自分が提供者だということは内緒にします。そこへグッキが運ばれてきますが、それを見てギルスはすぐに手術をしようと医師に話します。ところが医師の表情はどことなく曇っています・・。

そう、提供者がいようといまいともはやグッキの体は手術に耐えられる状態ではなかったのです。アランとボムはギルスの姿を見つけて、一体何しに来たんだと食いかかります。ソニョンもギルスが外国に行ったと思っていたので、病院にいるのを見てびっくりします。やがてギルスは自分の無力さを思い知らされて泣き出します。俺ではグッキを助けることができない・・どうしても・・と。

一方、プンギルダンではイベント第二弾が開催されようとしていました。実は第一弾で公開した動画が大変な好評だったのです!試飲会ではボムとグッキが作った酒が振舞われ、それに納得した人々が投票します。その結果、僅差でグッキの酒が勝利を収めます。そんなことよりボムやアランは・・一刻も早くグッキの意識が戻ることを願っています。

しかし・・ボムたちの願いもむなしく・・グッキは志半ばで亡くなります。グッキがいなくなりプンギルダンの社長は空位となりますが、マル父が新たに社長に就任します。本部長はマルが就き、ボムはチーム長に就任しました。さらにボムはグッキの酵母研究所を続けるため、研究所の所長にも任命されます。

一方、アランとテホはしばらく外国にいましたが、やがて帰国してきます。そして郊外では、ギルスが麹の工房をオープンさせました・・。ついにグッキの酵母研究所が開館される日がやって来て、マル父は家族を招待します。開館式にはソニョンとギルスもやってきますが、家族たちは温かく二人を迎え入れます。

そしてみんな集まったところでボムがみんなに声をかけ、祝福の乾杯を行います!ボムが乾杯の音頭をとったとき、そこにはもはや過去の憂いやしこりは残っていませんでした。皆一様に温かい眼差しで、互いを見つめ合うのでした。ただボムだけが一際力強い目で、遥か遠くの未来を見ていました…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 我が家のハニーポット あらすじ 124話~126話 ネタバレ

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket