韓国ドラマ ゴールデンクロス あらすじ 5話~6話 キャスト

   2017/05/02

韓国ドラマ ゴールデンクロス あらすじ 5話~6話 キャストと相関図も公開!
BSで放送予定の「ゴールデンクロス」を感想ありでネタバレ!
評価も高く最終回の視聴率は10.1%を記録!

韓国ドラマ-ゴールデンクロス-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「ゴールデンクロス」の5話~6話のあらすじと感想を紹介しています。
BS11で放送される全話を結末まで公開!

ゴールデンクロス-概要

「ゴールデンクロス」は、2014年に韓国放送公社(KBS)で放送されたサスペンスドラマです!
韓国経済を動かす秘密結社「ゴールデンクロス」に愛する妹と父を殺された検事ドユンの復讐劇を描いています。

■日本語字幕・全20話
■韓国放送視聴率-初回:5.7% 平均:7.2%
■演出:ホン・ソック「メリは外泊中」「がんばれ、ミスターキム!」 、 イ・ジンソ「天命」「童顔美女」「セレブの誕生」
■脚本:ユ・ヒョンミ 「楽しい我が家」「神の天秤」「グリーズローズ」

スポンサーリンク


ゴールデンクロス-あらすじ-5話-6話

ゴールデンクロス-5話

ソ・イレはジュワンの公判を担当していましたが、ついにジュワンを起訴すると決意します。彼が娘を殺したことは物的な証拠からあまりにも明らか・・起訴するのは当然・・と。ところが彼女は、何か胸にひっかかるものを感じていました。証拠は確かにあるのだけど、何かこう・・違和感を感じるのもまた事実・・と。一方、ドユンは父親を憎んでいましたが、頭を冷やして冷静に調査しなおすことにしました。

ドユンにとって最初に疑問として浮かんだのは、そもそもなぜ父親が解雇されたのかということです。彼はそのことをヤン次長に聞きますが、ジュワンが横領したのが原因だと言われます。なるほど・・横領が原因だったのか。それなら、どんな横領が行われたかを示す書類が残ってるはずだが・・。ドユンはその書類を求めますが、ヤン次長は自分には分からないと。

ドユンはさらに労働組合に働きかけますが、そこで意外な事実を知ることになります。それは、父・ジュワンが組合長のク・ヨンスに裏切られていたことです。それからドユンはジュワンと二人きりで会うことになり、そのことを知ったドンハは慌てます。彼はすぐにパク弁護士に連絡して、至急対策を打ってくれとお願いします…。

スポンサーリンク


ゴールデンクロス-6話

ジュワンが真実を話そうとしても・・周りは敵だらけです。刑事なら安心できるかといえば、それも安心できません。ジュワンの近くにいるクァク刑事の部下・ギジュルは、なんと毒でジュワンを殺そうとするのです。ジュワンは本当に毒水を飲まされてしまい、そのまま意識を失って倒れます。一方、ドユンは真実を求めて情報収集したり綿密な調査を行っていました。

その中で彼は多くの重要な資料を得ることに成功し、その一つをイレに見せます。ドユンが見せたものは事件に関連した一枚の写真でしたが、それをみたイレは心を騒がせます。そしてまともに取り合うこともせず、写真をドユンに突き返します。ドユンはドユンで、その写真に写った人物が怪しいと思っているのです。そしてその人物が飛行機に乗ったときの搭乗者名簿を調べてほしいと・・。

一方、クァクの部下に毒を飲まされて倒れたジュワンは、自害しようとしたことにされていました。そのことがドユンとイレのもとに知らされ、二人はすぐに病院に向かいます。ドンハたちは一刻も早くジュワンを始末したいと考えていましたが・・。彼らはその実現のために、特別にギジュルを釈放させます。ギジュルを釈放する条件はもちろん・・彼がジュワンを抹殺することです…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ ゴールデンクロス あらすじ 3話~4話 キャスト

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket