韓国ドラマ ゴールデンクロス あらすじ 11話~12話 キャスト

   2017/05/02

韓国ドラマ ゴールデンクロス あらすじ 11話~12話 キャストと相関図も公開!
BSで放送予定の「ゴールデンクロス」を感想ありでネタバレ!
評価も高く最終回の視聴率は10.1%を記録!

韓国ドラマ-ゴールデンクロス-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「ゴールデンクロス」の11話~12話のあらすじと感想を紹介しています。
BS11で放送される全話を結末まで公開!

ゴールデンクロス-概要

「ゴールデンクロス」は、2014年に韓国放送公社(KBS)で放送されたサスペンスドラマです!
韓国経済を動かす秘密結社「ゴールデンクロス」に愛する妹と父を殺された検事ドユンの復讐劇を描いています。

■日本語字幕・全20話
■韓国放送視聴率-初回:5.7% 平均:7.2%
■演出:ホン・ソック「メリは外泊中」「がんばれ、ミスターキム!」 、 イ・ジンソ「天命」「童顔美女」「セレブの誕生」
■脚本:ユ・ヒョンミ 「楽しい我が家」「神の天秤」「グリーズローズ」

スポンサーリンク


ゴールデンクロス-あらすじ-11話-12話

ゴールデンクロス-11話

ドユンはかなり真相に近づいたという手応えを持っていました。彼はさらに調査を進展させるため、よりいっそうイレとの関係を密接にしていきます。ドユンにとってイレは情報源でしたが、イレにとっては秘かに恋心を抱く相手です。こうしてイレはドユンに取り込まれてゆき、事件の調査を手助けすることを約束します。一方、イレは自分の父が犯人ではないことを信じています。

だからこそ・・臆せずに事件の追及ができるのです。ところが彼女が調べれば調べるほど、ドンハが怪しいという証拠がたくさん出てきてしまうのでした。父が犯人だなんて絶対にあり得ない!イレは必死に目を背けようとしますが・・。その頃、ドユンは大胆不敵にもシンミョンに侵入していました。その目的は・・パク・ヒソのパソコンに収められた情報を盗むことです。

一方、パク弁護士は駐車場で何者かに故意に接触されます。接触したのは・・チュンシクです!その後、チュンシクは激怒したふりをしてドユンの面接に乗り込んでいきます!これで完全に隙ができて、ドユンは悠々とPCのデータを盗むことができました。チュンシクの接触事故からドユンのデータ入手まで、一連の行動は全て計画されたものでした…。

スポンサーリンク


ゴールデンクロス-12話

ドンハは必死にドユンの手から逃れようとしていましたが・・。彼のやることなすこと、全てが後手に回ってしまいます。ドンハは邪魔な人間を全て除こうとしますが、そうするたびに足跡を残してしまうのです。つまり、彼が動けば動くほどドユンに有利な状況が生まれてしまっていたのです。一方、ドユンはマイケルのもとで弁護士として働くことになりました。

ドユンはマイケルの情報源を重視し、事件の調査で彼に協力を要請したのです。マイケルは飄々とした表情で、ソ検事のことはどうするんだ?と尋ねます。それに対してドユンは、仕事とプライベートは別ですときっぱり答えます。ドユンはパク弁護士を追いつめようとしていましたが、そのパク弁護士について新事実が浮かび上がります。それは、すでに指名手配されたクァク刑事が使っていた車が、パク弁護士のものだったということです!

これを受けて、イレはすぐにパク弁護士の取調べを開始します。ところがこれに対してパク弁護士は、愛する人を傷つけたいのか?と意味深なことを言います。張り切って調査するのもいいが、大概にしたほうがいい。そうでなければ、君は自分が一番尊敬している人を傷つけることになるだろう・・と。イレは必死に現実逃避しようとしましたが、ドンハのことを言ってるのは明らかでした…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ ゴールデンクロス あらすじ 9話~10話 キャスト

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket