韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 97話~99話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 97話~99話 最終回の感想あり!
ウンジの降板理由が話題の「不屈の婿」をネタバレ!
視聴率も好調で地上波で放送予定でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-不屈の婿-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「不屈の婿」の97話~99話のあらすじと感想を紹介しています。チバテレで放送される全111話を結末まで公開しています!

不屈の婿-概要

「不屈の婿」は、韓国文化放送(MBC)で2015年に放送されたハートウォーミングドラマです!
主要登場人物だったウンジを途中で交通事故死させ、演じていたイ・ガリョンを途中で降板させたことが様々な憶測を呼びました。
理由としては視聴率低迷を打破するために作家や一部キャストを変更したかった制作側の都合と思われます。

■原題:不屈のチャ・ヨサ
■韓国放送視聴率-最高:11%
■演出:オ・ヒョンチャン「黄金の魚」
■脚本:パク・ミンジョン

スポンサーリンク


不屈の婿-あらすじ-97話-98話-99話

不屈の婿-97話

ミランはこれまで家族のために一生懸命に働いてきましたが、誰もそんな自分の苦労に関心がないことを見て、ついに家を出る決心を固めます。自分がどれだけ大変な思いをしてきたか・・そのことを家族に気づいてほしい。ミランはそんな思いから家を出ることにしました。翌朝になって家族はミランがいないことに気づいて大騒ぎ!すぐに総出で探しに出かけようとしますが、グムシルだけは一人冷静に心配しないでいいと言います。

それよりみんな各自、自分の仕事に取り掛かりなさいと、まるで家長のようにふんぞり返っています。一方、オクブンはハヨンに歩み寄ろうとしていましたが、ハヨンはオクブンの優しい心遣いに感謝しながらも、なかなか素直になることができません・・。もうすぐ母の命日が近づいているのに、心の壁を乗り越えることができずにいます…。

スポンサーリンク


不屈の婿-98話

ミランは家を出てどこに行ってしまったのか・・。心配したドンパルはぐっすり寝てから、ミランを探しに出かけます。しかしドンパルは徐々に正常さを失っており、ミランが出て行ったことも正確に把握することができません。一方、家を出たミランはしばらくは帰らないつもりでしたが、気がかりなことが一つありました。

それはドンパルが少しずつ衰えていたことです。自分がいなくてちゃんと生活できているのだろうか・・グムシルはちゃんとサポートしてくれているだろうか・・。ミランはひとえにドンパルのことだけが心配です。その頃、ユニはチャ院長と話をしていましたが、そのときミランがヒョンスクと一緒にいることを聞かされるのでした。ユニはミランに戻ってきてほしいと願っています…。

不屈の婿-99話

ミランが家にいない間、ドンパルの様子がどんどんおかしくなっていきます。今まで普通に出来たことができなくなり、思考も意識も正常さを失っていくのでした。ミランはそのことを知りませんでしたが、マルスンから話を聞きドンパルのことが心配になります。ここで帰らなければ家族じゃない・・そう思ったミランはプライドを捨ててドンパルもとへ帰ります。

ミランが帰ってみると、ドンパルは完全に痴呆症が進んでいました。ミランの顔を見ても、家族だとは気づかず、若い女性が来たと叫ぶばかりです。変わり果てたドンパルを見て、ミランはこみあげる涙を抑えることができませんでした。一方、本格的なシェフの授業を受け始めたのはギフンでしたが、授業を紹介したのはヒョンスでした…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 94話~96話 最終回

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket