韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 61話~63話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 61話~63話 最終回の感想あり!
ウンジの降板理由が話題の「不屈の婿」をネタバレ!
視聴率も好調で地上波で放送予定でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-不屈の婿-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「不屈の婿」の61話~63話のあらすじと感想を紹介しています。チバテレで放送される全111話を結末まで公開しています!

不屈の婿-概要

「不屈の婿」は、韓国文化放送(MBC)で2015年に放送されたハートウォーミングドラマです!
主要登場人物だったウンジを途中で交通事故死させ、演じていたイ・ガリョンを途中で降板させたことが様々な憶測を呼びました。
理由としては視聴率低迷を打破するために作家や一部キャストを変更したかった制作側の都合と思われます。

■原題:不屈のチャ・ヨサ
■韓国放送視聴率-最高:11%
■演出:オ・ヒョンチャン「黄金の魚」
■脚本:パク・ミンジョン

スポンサーリンク


不屈の婿-あらすじ-61話-62話-63話

不屈の婿-61話

ユニは婚家での生活に徐々に慣れていきましたが、細かいところではまだまだ多くの問題が発生していました。あるとき、ヒョンスクはユニが頭を閉じることができず、結局そのまま出勤したという知らせを聞きます。そしてこれは一大事だとしてすぐにミランのもとを尋ね、なんとか家にトイレをもう一つ作ってもらえないだろうかと相談するのでした。こうしたヒョンスクの様子を見て、ダルジャは気に入らない様子です。

婚家には婚家にやり方があるし、他家の人間がいちいち首を突っ込むようなことではない。そう言わんばかりにダルジャは、ヒョンスクに対して腹を立てます。一方、ジソクはジェームズを連れてテーマパークに遊びに行くことになりました・・。ジソクはすでにジェームズが自分の息子であることを知っていましたが、ハヨンはジソクに釘を刺して、ジェームズにはジソクが父親であることを伝えないでほしいと言います…。

スポンサーリンク


不屈の婿-62話

ジソクは自分が父親であることをジェームズには伝えずにいましたが、ある瞬間、ジェームズのほうからジソクのことをパパと呼ぶのでした。そして思わずジェームズを抱きしめてしまうジソク!その抱擁の仕方は、見知らぬおじさんのそれではなく、まさしく自分が父親であることが相手に伝わってしまうような仕草でした。とはいえ、すでにジェームズのほうもジソクが自分のパパであることに気づいているようです。

一方、ハヨンはジソクとジェームズが親子同然のようにして抱き合っているところを見て、愕然とします。そしてジソクはたまらなくなり、ハヨンに対してジェームズに隠していることを話せと言います。その頃、ダルジャはカフェで仕事をしようかどうかと悩んでいました。なぜなら、これからは一人で二人の子供を育てていかなければならなくなったからです…。

不屈の婿-63話

ジソクに問い詰められて、ついにハヨンはジェームズについて本当のことを話すことにしました。すなわち、ジェームズの本当に父親は、他の誰でもないジソクだということです。一方、ジソクには正直に話したハヨンでしたが、このことはくれぐれもオクブンには黙っていてほしいとお願いします。

ジソクはこれを了解し、オクブンには秘密することを約束しますが、そのためか、自損はこれまでよりもオクブンに冷たく接するようになります。その頃、ミラン一家では映像通信を利用してサウジアラビアにいるギフンと会話を楽しんでいました。ギフンは忙しい毎日を過ごしていますが、たくましく頑張っているようです…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 58話~60話 最終回

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket