韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 34話~36話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 34話~36話 最終回の感想あり!
ウンジの降板理由が話題の「不屈の婿」をネタバレ!
視聴率も好調で地上波で放送予定でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-不屈の婿-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「不屈の婿」の34話~36話のあらすじと感想を紹介しています。チバテレで放送される全111話を結末まで公開しています!

不屈の婿-概要

「不屈の婿」は、韓国文化放送(MBC)で2015年に放送されたハートウォーミングドラマです!
主要登場人物だったウンジを途中で交通事故死させ、演じていたイ・ガリョンを途中で降板させたことが様々な憶測を呼びました。
理由としては視聴率低迷を打破するために作家や一部キャストを変更したかった制作側の都合と思われます。

■原題:不屈のチャ・ヨサ
■韓国放送視聴率-最高:11%
■演出:オ・ヒョンチャン「黄金の魚」
■脚本:パク・ミンジョン

スポンサーリンク


不屈の婿-あらすじ-34話-35話-36話

不屈の婿-34話

ユニとギフンの別れの時が刻一刻と迫っていました・・。キムチチゲ味を沸かしたのはギフンでしたが、ユニはその味に思わず涙し、声をつまらせながらご飯を食べます。ユニの心の中は、さまざまな感情が渦巻いていました。悲しい思い、せつない思い、そして自分が情けないという気持ちもあります。やがてユニは口を開き、ギフンに名節に向かって「大きな家には行かない」と言います。

一方、ダルスも名節を迎えながらダルグと酒を飲んでいました。二人は酒の席で和解を行い、さらにそこへ尋ねてきたジソクとも酒を酌み交わします。ジソクは思いのほか酒に酔ってしまい、しまらない姿をさらすことになります。その様子を遠くから見ていたオクブンが、再び腹を立ててしまいます…。

スポンサーリンク


不屈の婿-35話

ダルスは通帳をチャ院長に戻すべきでしたが、それをしなかったことでミランが腹を立てています。勝手に人のお金を使い込もうとした挙句、通帳まで返さないとは・・。ミランは久しぶりにダルスに対してあきれ返るのでした。ダルスはこれも親孝行するためだと言い訳をしますが、ミランはダルスのことを信用しません。さらにダルスは、これからは事業もほどほどにしようと言いますが・・。

その頃、ギフンはまたあることで思い悩んでいました。一つは、これからサウジアラビアに発つことでユニと離れ離れになること。もう一つは婚姻届の問題がありました。サウジへの出発前に婚姻届を出すのか・・それとも・・と迷っています。理想はユニもギフンと一緒にサウジに行くことでしたが、それは今はできません。ギフンは出発直前になっても、どうしたのものかと思い悩むのでした…。

不屈の婿-36話

ハヨンは会社をAJグローバル理事で探していましたが、それを見たジソクが慌てています。ウンジはジソクが慌てる様子に気づかず、ハヨンを見て同じ女として尊敬できるといいますが、ジソクは動揺を抑えることができません。一方、ギフンがいなくなってから心に穴が開いたようになってしまったのは、母親のミランでした。

あれかずっと落ち込んだままのミラン・・それを励ますためドンパルとダルスが立ち上がります。二人はミランのことを気遣い、しばらく休んではどうかと提案します。ミランは二人の親切を受けて、とてもありがたいと感謝しますが・・それでもギフンが離れた寂しさはまだ消えません。ギフンがいるところはすぐに会いに行ける場所ではありません・・。なぜなら、ギフンの勤務地は遠い中東のサウジアラビアだからです…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 31話~33話 最終回

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket