韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 25話~27話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 25話~27話 最終回の感想あり!
ウンジの降板理由が話題の「不屈の婿」をネタバレ!
視聴率も好調で地上波で放送予定でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-不屈の婿-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「不屈の婿」の25話~27話のあらすじと感想を紹介しています。チバテレで放送される全111話を結末まで公開しています!

不屈の婿-概要

「不屈の婿」は、韓国文化放送(MBC)で2015年に放送されたハートウォーミングドラマです!
主要登場人物だったウンジを途中で交通事故死させ、演じていたイ・ガリョンを途中で降板させたことが様々な憶測を呼びました。
理由としては視聴率低迷を打破するために作家や一部キャストを変更したかった制作側の都合と思われます。

■原題:不屈のチャ・ヨサ
■韓国放送視聴率-最高:11%
■演出:オ・ヒョンチャン「黄金の魚」
■脚本:パク・ミンジョン

スポンサーリンク


不屈の婿-あらすじ-25話-26話-27話

不屈の婿-25話

オクブンはウンジとジソクに幸せになってもらいたくて、精一杯の気持ちをこめて記念品を送ろうとしていました。ところがそれに対してウンジは釘を刺し、結婚式は簡素にしたほうがいいから、記念品もなるべく簡素にしてほしいと注文します。するとオクブンは、これ以上私にどうしろと言うのかと言って怒ってしまいます。さらに気持ちを高ぶらせたオクブンは、こんな気持ちのまま挨拶席に行くことはできないと言い出し、結局、挨拶を先送りにさせます。

一方、ユニが本当に家を出て行ってしまったことを受けて、ヒョンスクは落胆しています。心を痛めたヒョンスクは酒を飲み、酔っ払いながら涙を浮かべます・・。どうしてこんなことになってしまったのか、ユニが二度と家に戻らなかったらどうしよう。ヒョンスクは不安と悲しみに暮れていきます…。

スポンサーリンク


不屈の婿-26話

ようやくジソクとウンジの結婚の挨拶が始まりましたが・・オクブンは気分が優れません。それどころか記念品のことで豪華すぎるとクレームをつけられ、怒りを抱いていました。二人の結婚の挨拶を最初は静かに聞いていたオクブンでしたが、やがて気持ちを抑えられなくなり、この結婚は見直したほうがいいと言いながら出て行きます!

オクブンを心配したドンパルがすぐに電話をかけて気持ちを尋ねますが、オクブンはオクブンのことと記念品問題と、両方気に入らない部分があると言います。その頃、ギフンとユニの間には、ふたたび重苦しい空気がたちこめようとしていました。その原因は、ギフンがユニに嘘をつき、そのことでユニがへそを曲げてしまったからです。ギフンはユニに電話をかけますが、ユニはそれを拒否し続けます…。

不屈の婿-27話

ミランはオクブンのことを気遣い、またなだめるため、干し柿を持って会いに行きます。するとそこで、ミランは意外な光景を目にすることになります。なんとオクブンとドンバルが二人仲良く車から降りてきたのです・・。二人は険悪な表情を浮かべるでもなく、終始笑顔、終始楽しそうにしていました。

これはどういうことなのかとミランがオクブンに尋ねてみると、オクブンは「私たち二人はウンジとジソクの結婚に賛成しない。二人はお似合いのパートナーじゃない」と言い出します。ミランはこの一言に驚きますが、オクブンもドンパルもこの件については一歩も退くことはないといいます。一方、関係が悪化したユニとギフンは、ついに別れることに・・。もう終わりにしようと電話をかけたのは、ユニのほうでした…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 22話~24話 最終回

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket