韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 22話~24話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 22話~24話 最終回の感想あり!
ウンジの降板理由が話題の「不屈の婿」をネタバレ!
視聴率も好調で地上波で放送予定でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-不屈の婿-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「不屈の婿」の22話~24話のあらすじと感想を紹介しています。チバテレで放送される全111話を結末まで公開しています!

不屈の婿-概要

「不屈の婿」は、韓国文化放送(MBC)で2015年に放送されたハートウォーミングドラマです!
主要登場人物だったウンジを途中で交通事故死させ、演じていたイ・ガリョンを途中で降板させたことが様々な憶測を呼びました。
理由としては視聴率低迷を打破するために作家や一部キャストを変更したかった制作側の都合と思われます。

■原題:不屈のチャ・ヨサ
■韓国放送視聴率-最高:11%
■演出:オ・ヒョンチャン「黄金の魚」
■脚本:パク・ミンジョン

スポンサーリンク


不屈の婿-あらすじ-22話-23話-24話

不屈の婿-22話

ダルスはウンジがジソクと結婚することを認めました。とはいえ、無条件で許したわけではなく、ジソクにはきちんと言っておかなければならないことがあるとして、ジソクを呼び出します。ダルスによって外に連れ出されたジソクですが、ダルスからいくつかの条件を突きつけられます。男であるなら酒ぐらいは飲めなければならない・・注射なんか絶対にあってはならない・・。

ダルスとジソクは自然な成り行きで飲み比べを行うことになりましたが、蓋を開けてみると、ダルスのほうが先に酔いつぶれていました。一方、ユニはチャ院長からダルスに挨拶しろと言われます。これは、自分がギフンと付き合っていることがチャ院長に知られてしまったからです・・。こうしてユニも一つ覚悟を決めるのでした…。

スポンサーリンク


不屈の婿-23話

ギフンはユニと交際を続けていくにあたって、一人話をしなければならない相手があると思っていました。その相手とはヒョンスクですが、ギフンは覚悟を決めてヒョンスクに電話をします。どうしても申し上げておかなければならないことがある・・ギフンの口調には並々ならぬ決意が漂っていました。ギフンの言葉にヒョンスクは呆れ返るばかりでしたが、話したいことがあるならそっちのほうから訪ねてこいと言います。

言われるままヒョンスクの家を訪ねたギフンは、自分の履歴書を差し出します。一方、ウンジとジソクの結婚式はほぼ決定的となり、ミランとダルスも費用をどうしようかと相談しています。結婚にはお金がかかるのに、我が家の家計は火の車、どうしよう・・と。ここにきてダルス一家は、嫌でも一致団結しなければならない状況に追い込まれるのでした…。

不屈の婿-24話

ついにミランとオクブンが対面する日がやってきましたが・・実は二人は事前に会っていました。そのとき、ミランはオクブンから思いがけないものを渡されます。それは、結婚準備のために当ててほしいというお金の入った封筒です。ミランはオクブンの心遣いを受けて感謝すると同時に、オクブンに心引かれていくのでした。

その一方、ミランは結婚式はみんなの負担を少なくするためなるべく質素にしたほうがいいと主張します。そして費用についても、半分ずつに負担したらどうかと提案します。その頃、ユニは見合いをさせられることになり憂鬱な日々を過ごしていました・・。そしてついに気持ちを固めて、荷物をまとめて家を出て行ってしまうのでした。自分にはちゃんと好きな人がいるのだから・・と!…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 19話~21話 最終回

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket