韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 19話~21話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 19話~21話 最終回の感想あり!
ウンジの降板理由が話題の「不屈の婿」をネタバレ!
視聴率も好調で地上波で放送予定でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-不屈の婿-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「不屈の婿」の19話~21話のあらすじと感想を紹介しています。チバテレで放送される全111話を結末まで公開しています!

不屈の婿-概要

「不屈の婿」は、韓国文化放送(MBC)で2015年に放送されたハートウォーミングドラマです!
主要登場人物だったウンジを途中で交通事故死させ、演じていたイ・ガリョンを途中で降板させたことが様々な憶測を呼びました。
理由としては視聴率低迷を打破するために作家や一部キャストを変更したかった制作側の都合と思われます。

■原題:不屈のチャ・ヨサ
■韓国放送視聴率-最高:11%
■演出:オ・ヒョンチャン「黄金の魚」
■脚本:パク・ミンジョン

スポンサーリンク


不屈の婿-あらすじ-19話-20話-21話

不屈の婿-19話

もうこれ以上は自分にどうすることもできない・・。ウンジの問題、ドンパルとオクブンの問題でいっぱいいっぱいになったミランは、誰にも告げることなく家を出ていってしまいます。一方、ドンパルの朝ごはんについて、ダルスがどのようしたらいいかと心配しています。それに対してウンジは、それはあまりにもひどいことだと言って出て行ってしまいます。

ウンジにとってドンパルは大事な祖父・・そして当初はジソクとの交際も認めてくれていたのです。しかし、ジソクとウンジの二人の関係はここに来て雲行きが怪しくなっていました。ジソクはウンジを訪ねて、なぜ私たちが会わなければならないのかと言いますが、それに対してウンジは、二人のためにこれ以上家族を疲れさせるのはもう嫌だと言います…。

スポンサーリンク


不屈の婿-20話

ミランが家を出ていってからしばらく経った頃、ついにドンパルが決心を固めてダルスに言いました。今回の件は自分が身を引くことにするから、ミランが家に戻ってくるようにしなさいと。ドンパルにとっても苦渋の決断でしたが、ミランとダルスが離れて生活していることも問題だと感じていました。こうしてミランはダルスから連絡を受け、家に戻ってくるよう伝えられますが、それを聞くと目頭を熱くします。

そうか、ドンパルが身を引いたということは、これでウンジが精神的ストレスから解放されるということなのだ・・と。ウンジが安堵する表情を浮かべるところを想像して、ミランは喜びに溢れます。一方、ユニはギフンの父親に優しい態度で接していましたが、ギフンの父親はそれを受けて、ユニが自分のことを好きなのだと誤解してしまいます…。

不屈の婿-21話

ギフンとユニは今でも会っていましたが、ミランは二人が付き合っていることをまったく知りませんでした。息子のギフンがユニと付き合っている・・それを知ってミランは心かき乱されるのでした。一方、ミランが夫にも子供にもどちらにも恵まれていないと言ったのは、ヒョンスクでした。ところがユニはヒョンスクの一言に感情をあらわにして反発し、大声を出して怒ります。

ミランは・・自分が付き合っているギフンの母親なのに・・と。その頃、関係がやや停滞していたウンジとジソクは、めでたく結婚するという方向に話が進んでいました。これを聞いて誰よりも胸を躍らせていたのは、ダルスでした。ダルスは自分の娘が自分を解雇した男に嫁入りするのを知っていましたが、それでも素直に喜びます…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 16話~18話 最終回

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket