韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 109話~111話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 109話~111話 最終回の感想あり!
ウンジの降板理由が話題の「不屈の婿」をネタバレ!
視聴率も好調で地上波で放送予定でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-不屈の婿-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「不屈の婿」の109話~111話のあらすじと感想を紹介しています。チバテレで放送される全111話を結末まで公開しています!

不屈の婿-概要

「不屈の婿」は、韓国文化放送(MBC)で2015年に放送されたハートウォーミングドラマです!
主要登場人物だったウンジを途中で交通事故死させ、演じていたイ・ガリョンを途中で降板させたことが様々な憶測を呼びました。
理由としては視聴率低迷を打破するために作家や一部キャストを変更したかった制作側の都合と思われます。

■原題:不屈のチャ・ヨサ
■韓国放送視聴率-最高:11%
■演出:オ・ヒョンチャン「黄金の魚」
■脚本:パク・ミンジョン

スポンサーリンク


不屈の婿-あらすじ-109話-110話-111話

不屈の婿-109話

ある日のこと、ドンパルは広場でダルジャの林山伏隠を着ていましたが・・その姿を見たユンミは驚いて大声を上げます。ドンパルがダルジャの林山伏隠を着ていただけなら、これほど大きな声を上げることはなかったかもしれない。でも、ドンパルの異様な顔が懐中電灯に映し出されたとき、ユンミは絶叫を抑えることができませんでした。

ユンミのこの世のものとは思えない絶叫は、当然ながら家族のもとにも伝わります。家族は最初、誰の声か分かりませんでしたが、それがユンミの声だと分かるとすぐに駆け出していきます。誰にもほとんど言葉はありませんでしたが、何か異常な事態が発生したことを家族みんなが理解しています。一目散に脱兎のごとく・・とにかく家族はユンミを探して走っていきます。

ようやく事態が落ち着いて、ユンミもドンパルも気持ちが安定してきましたが、ここでまた新たな問題が発生します。それは、栄養不良のドンパルに何か食事をさせることです。ミランは疲労困憊になりながらドンパルの食事を用意しようとしますが、自身は寒気に襲われてダウン寸前です。別の誰かがドンパルの食事を用意する必要がありますが、ミラン以外の誰もが、まともな食事を用意することができません…。

スポンサーリンク


不屈の婿-110話

ドンパルは痴呆症になってから、誰かから手紙を受け取ることなどありませんでしたが、あるとき意外な人物から感謝の手紙が届きます。それは・・以前に分かったミス・キムからの手紙です。その手紙の内容は簡易的な挨拶ではなく、気持ちのこもった感謝のメッセージ、そして封筒はとても豪華なものが使われていました。ミス・キムからの手厚い手紙を受け取ったドンパルは、温かい気持ちに包まれます。

ドンパルは、はっきり自覚していませんでしたが、ミス・キムはかつて、ドンパルによって助けられたことがあったのです。そのことに恩義を感じていたミス・キムは、ドンパルに感謝すると同時に、生きている間に借金も返済しました。ところがドンパルはもうそんなお金は要らないと言い、ミス・キムに「希望の学資金として使え」と言います。

一方、ギフンはインターネットにある料理動画をアップしましたが、その動画が思いのほか注目を集めることになります・・。ミランはドンパルの様子を見守りながら不安げな表情・・しかしドンパルは少しずつ達観したように満足したような表情を見せています。そしていよいよドンパルの人生はクライマックスへと…。

不屈の婿-111話

ドンパルは痴呆症でありながら・・また健康状態が悪くなっていく中にあっても・・そのときが迫ってきているのが分かっていました。

それは人間であればいつかは必ずやってくるもの、誰であっても逃れようのないもの。ある人は永遠の別れとも表現する、人間に対して誰にでも公平に訪れる死というものです。人間は死期が迫ると取り乱すこともなく、妙に落ち着いていたりするもの。ドンパルもあれほどかつては落ち着きの無い人間でしたが、ここに来て嘘のように心が静まっていました・・。

やがて彼は自分のために天から使いがやってくるのに気づきます。この使いはまぎれもなく自分のためのもの・・天国へと自分を迎えるために・・。そのとき、ドンパルはほうきを持っていましたが、ある瞬間に空振りしたかと思うと、その場で倒れてしまいます。

たまたま家に入ってきたのはユニでしたが、彼女はドンパルが倒れているのを見ると、すぐさま応急処置を開始します。こんな形でお別れになるのは絶対にいや、どうかもう少し、あと少し生き延びてほしい・・!ふたたびドンパルと会話することを望みながら、ユニは必死の応急処置を続けます。

一方、家に入ってきたのはユニだけでなくダルスもいました。ダルスはユニが応急処置を始めるのを見ると、自分は119番に電話をします。ドンパルに異常が生じたことは明らかでしたが、それでも二人は取り乱すことなく、冷静に自分達のやるべきことに取り組みます。ユニの応急処置は無駄なことのようにも思えましたが、可能性がある限りユニは諦めません。

オクブンもドンパルが倒れたという知らせを聞きますが、瞬間的に不安な気持ちが胸をよぎります。これまでも不安になることはあったけど・・今回のはいつもとは違う・・。もしかしたら、これが最後の別れになるのかもしれない!オクブンは不安ではなく不吉な予感を胸に抱くのでした。

その頃、ジソクはドンパルの意識が蘇ってからのことを考えていました。ジソクはドンパルについて、もし目覚めたら自分の家で暮すようにしたらいいんじゃないかとミランに提案します。

そうすればもう、ドンパルは一人ぼっちにならなくていい。ずっとずっといつまでも、本当に大好きなオクブンと一緒に暮せるじゃないかと。そう提案されて、ミランもそれがいいと思うようになります。それよりもまずは、ドンパルの意識が回復することが先でした。ドンパルは見事に生還し、不屈の婿の家で暮せるようになるのか…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 不屈の婿 あらすじ 106話~108話 最終回

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket