キャリーバッグいっぱいの恋-あらすじ-11話~12話-キャスト

   2017/05/19

キャリーバッグいっぱいの恋-あらすじ-11話~12話-キャスト
韓ドラ「キャリーバッグいっぱいの恋」を最終回までネタバレ!
視聴率も好調で感想ありで相関図も紹介!

キャリーバッグいっぱいの恋-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「キャリーバッグいっぱいの恋」の11話~12話のあらすじをネタバレで紹介しています。
キャストも豪華で話題の韓ドラです!

キャリーバッグいっぱいの恋-概要

「キャリーバッグいっぱいの恋」は、韓国のMBCで2016年に放送されたサクセス・ラブストーリーです!
恋も仕事も一生懸命なヒロインのポジティブな姿を描いたドラマです!

■原題:キャリアを引く女
■全16話(日本語字幕)
■韓国放送視聴率-初回:6.9% 最高:10.0%
■演出:カン・デソン、イ・ジェジン
■脚本:クォン・ウンミ

スポンサーリンク


キャリーバッグいっぱいの恋-あらすじ-11話-12話

キャリーバッグいっぱいの恋-11話

ついにグムジュが司法試験を受ける日がやって来ました。グムジュはこの日のために猛勉強を重ねに重ね、十分な備えをしてきました。後は自信をもって試験を受けるだけですが・・しかし!よりにもよって試験当日にトラブルが発生します。どういうわけかボッコに殺人容疑がかかり、指名手配されてしまったのです!グムジュはボッコのことを心配して、試験会場に行くに行けません・・。

こうなったら司法試験は諦めて、ボッコのそばについていてあげたい!そこまで考えたグムジュでしたが、ボッコはそんなグムジュを諭します。お前が司法試験に行かなかったら・・俺の容疑は誰が晴らしてくれるんだ。お前が正式に弁護士になって・・俺の弁護をするんだよ!と。グムジュはこの言葉に背中を押され、決心を固めて試験会場に向かいます。

グムジュは時間に遅れて門を閉じられてしまいますが、ヘジュに助けられてなんとか試験を受けます。一方、ボッコは素直に捕まることを潔しとせず、逃亡生活に入ります。この結果、ボッコが運営するK-factoryとゴールデンツリーは、家宅捜索を受けることになります。さらにそこへ、オンソローファームと関係のある一人の検事も現れます…。

スポンサーリンク


キャリーバッグいっぱいの恋-12話

ゴールデンツリーはいつになくそわそわしたムードに包まれていました。その理由は、今日、グムジュが受けた司法試験の合格発表が行われるからです。みんなグムジュの合格を信じていますが・・それでも不安で仕方ないのです。そこへボッコから電話がかかってきました!結果は・・みんなが信じたとおり・・合格でした!

頑張ってほんとよかった・・よかった・・と、グムジュは涙を流します。一方、ヘジュはとある殺人事件のことで検察に問い合わせを行っていました。彼女がターゲットにしているのはソ・ジア殺人事件ですが、彼女はこの事件に疑問を持っています。ヘジュにとって今回の事件は、かつて自分が経験した忌まわしい事件を思い起こさせるものでした。彼女の脳裏にオウムの死骸がよぎります・・。

二度とあんな思いはしたくないと思っていたけど、どうしても思い出してしまう・・と。一方、ボッコは逃走を続けていましたが、その途中、死んだジアがいる納骨堂に向かいます。ところがそこに検事たちが張っていて、ボッコは捕まりそうになってしまいます。こりゃ検事も本気だ・・!そう思い知らされたボッコは、迂闊な行動はしないと誓います…。

■前回のあらすじ⇒キャリーバッグいっぱいの恋 あらすじ 9話~10話 キャスト

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket