韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 5話~6話 感想

   2017/05/15

韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 5話~6話 感想あり!
「1%の奇跡」のリメイクがBSで放送予定でキャストと相関図も公開!
視聴率も好調で最終回までネタバレ!

韓国ドラマ-1%の奇跡-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「1%の奇跡」の5話~6話のあらすじと、リサッピの感想を紹介しています。DVDと動画(日本語字幕)もおすすめです!

1%の奇跡-概要

「1%の奇跡」は、韓国のTV局のMBCで2003年に放送されたラブコメドラマで原作は人気のインターネット小説。
2016年には韓国の有料放送チャンネルDramaxでリメイク版が放送された。
■韓国放送視聴率-最高:14.1%
■出演俳優(代表作)-カン・ドンウォン(彼女を信じないでください、オオカミの誘惑)、キム・ジョンファ、イ・ビョンウク、ハン・ヘジン
■制作スタッフ-企画・演出:チャン・グンス 脚本:ヒョン・ゴウン

スポンサーリンク


1%の奇跡-あらすじ-5話-6話-感想

1%の奇跡-5話

ゼインはダヒョンに「両天秤にかけるな」というが、ダヒョンも負けず「真面目に付き合うこととそれは別のことだから、自分に一々指図しないでほしい」という。

ゼインは瞬間ことばをなくし、祖父に知られると困るからだと言い訳をする。

二人はいざこざを繰り返した末にゼインのホテルでひらかれる音樂会に いく。

ダヒョンはクラシックを聞くと眠くなるのに2時間も大変だというと、ゼインはこれからの10ヶ月が心配だと言い返す。

そして、ここではなるべく 自分の方に顔を向けないでほしいと頼むが、ダヒョンにはわけがわからない。

音樂会の帰りに、ダヒョンはゼインにシューベルトの鯔を鮒といい間違えたことがいると告白する。

そして、ゼインの携帯で母と話してから家ではタタとよばれているという。

いつのまにか二人はダヒョンの家につき ゼインはダヒョンにキスしようとするがむしろ ダヒョンに足をけっとばされてしまう。

翌日、いくつかの新聞にゼインとダヒョンの写真が載せられ、ホテルの職員たちはみんなとなりの女に関心をしめす。

1%の奇跡-6話

ダヒョンはこの間の新聞事件以來、神経質になって、ゼインに一日もはやくこの契約恋愛をやめたいという。

それからも二人はでんやわんやしながら、ゼインが約束しておいた美術館にはいる。

すると ダヒョンは「今度も二人いっしょのところが新聞に取り上げられたら責任を取れ」という。

美術館でダヒョンは美術先生のソンウに会う。

ソンウは「ここにいらっしゃる方が僕の先生です」、「こんなところでダヒョンと会えたのは運命だ」といい、 ダヒョンをそばにいた自分の先生の画家に紹介しようとする。

わけのわからないゼインは ソンウにまけず自分から先にダヒョンを画家に紹介する。

これを見てソンウはゼインに「ダヒョンと付き合うのか」と聞き、自分もこれからダヒョンと付き合うつもりだという。

ダヒョンが家に帰ってみると ソンウが先にきているので驚く。

まして、ソンウがダヒョンとぼくは「天が定めてくれた仲かも知れない」などというので気がくるいそうになる。

一方、ゼインはダヒョンが自分の携帯でダヒョンのうちに電話をかけたことがあったのを思いだし、わざとダヒョンの家に電話をかけてみる。

ジンマンとミジョンはダヒョンにソンウ以外の男もいるという事実によろこびながら、ヒョンジンにその男について聞いてみる。

以外にもヒョンジンの口から「財閥3世」ということばが出たので家族みんなおどろく。

エレベーターのなかのゼインとヒョンジュン。

ヒョンジュンはゼインに「ダヒョンになにか感情が湧いてきたか」と聞くがゼインは聞こえないふりをする。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 3話~4話 感想

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket