韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 23話~24話 感想

   2017/05/15

韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 23話~24話 感想あり!
「1%の奇跡」のリメイクがBSで放送予定でキャストと相関図も公開!
視聴率も好調で最終回までネタバレ!

韓国ドラマ-1%の奇跡-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「1%の奇跡」の23話~24話のあらすじと、リサッピの感想を紹介しています。動画(日本語字幕)もおすすめです!

1%の奇跡-概要

「1%の奇跡」は、韓国のTV局のMBCで2003年に放送されたラブコメドラマで原作は人気のインターネット小説。
2016年には韓国の有料放送チャンネルDramaxでリメイク版が放送された。
■韓国放送視聴率-最高:14.1%
■出演俳優(代表作)-カン・ドンウォン(彼女を信じないでください、オオカミの誘惑)、キム・ジョンファ、イ・ビョンウク、ハン・ヘジン
■制作スタッフ-企画・演出:チャン・グンス 脚本:ヒョン・ゴウン

スポンサーリンク


1%の奇跡-あらすじ-23話-24話-感想

1%の奇跡-23話

コーヒーショップでテハはヒョンジンの健康を心配したあまりややこしい注文をして、ヒョンジンとウェートレスを 困らせる。

そして、ヒョンジンの実家へ行ったテハは、 ヒョンジンの父にこれからよろしくお願いしますと挨拶をする。

一方、ジンマンとミジョンに二人の結婚式は來週の予定だという。

入試の結果が出ると、ジュンヒョンは兄や姉と違って自分は頭が悪いんだと嘆く。

するとジンマンはジュンヒョンを連れて屋台へ行って、お酒を飲みながら入れる大学でやりたいことを勉強すればいいと慰めてあげる。

家に帰ったジュンヒョンはミジョンに期待はずれで申し訳ないというが、ミジョンはそのぐらいでも十分だといい、ジュンヒョンのことを頼もしく思う。

食べ過ぎだと思っていた ダヒョンは 病院で「妊娠」ですといわれるが。

1%の奇跡-24話

結婚式を終えたテハとヒョンジンは新婚旅行地で今までのことを振り替えてみる。

ヒョンジンはテハが自分を捕まえてくれたことを、テハは自分についてきてくれてたことをお互いにありがたくおもう。

その時、スヨンから電話が かかってくる。

スヨンはヒョンジンを心配して電子破のある携帯電話より一般の電話で話そうという。

スヨンは ヒョンジンのつわりがひどいときいて、ミジョンにヒョンジンの口にあうものをつくってほしいとお願いする。

ミジョンは スヨンに専門店に頼めといいながらも、ヒョンジンの好きな餃子を作ってあげる。

ソンヒョンはユジンに検査の結果を知らせながら もうこれからは痛くないだろうと安心させてはいっしょに遊園地に遊びに行く。

そして、 ヒョンジュンといっしょに遊びに來たゼヨンたちと樂しい時間を過ごす。

それからソンヒョンはヒョンジュンにゼヨンをよろしく頼むと言う。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 21話~22話 感想

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket