韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 19話~20話 感想

   2017/05/15

韓国ドラマ 1%の奇跡 あらすじ 19話~20話 感想あり!
「1%の奇跡」のリメイクがBSで放送予定でキャストと相関図も公開!
視聴率も好調で最終回までネタバレ!

韓国ドラマ-1%の奇跡-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「1%の奇跡」の19話~20話のあらすじと、リサッピの感想を紹介しています。

1%の奇跡-概要

「1%の奇跡」は、韓国のTV局のMBCで2003年に放送されたラブコメドラマで原作は人気のインターネット小説。
2016年には韓国の有料放送チャンネルDramaxでリメイク版が放送された。
■韓国放送視聴率-最高:14.1%
■出演俳優(代表作)-カン・ドンウォン(彼女を信じないでください、オオカミの誘惑)、キム・ジョンファ、イ・ビョンウク、ハン・ヘジン
■制作スタッフ-企画・演出:チャン・グンス 脚本:ヒョン・ゴウン

スポンサーリンク


1%の奇跡-あらすじ-19話-20話-感想

1%の奇跡-19話

ダヒョンは婚約はしたが結婚は今年は無理だと言うので二人は言い争う。

ホテルに帰ったゼインはホテルの式場係りに予約できる日を確認するうち、11月11日が空いていることが分かる。

特別な理由がなかったらその日にしようと言ってダヒョンを驚かせる。

実家にもどったヒョンジンは継父に殴られそうになった時、テハに助けてもらう。

テハは弱みをみせたくないというヒョンジンをなぐさめては 自分がヒョンジンの家族になってあげると誓う。

結婚してからダヒョンとゼインが本家でいっしょに住むことに決まり、ジンマンとミジョンはギュウチョルにあいさつにいってうちの中を見回してみる。

そして、結婚のとき、なにか準備してあげたいというが、ギュウチョルは準備なんかいらない、結婚のときお祝いのお金や花束ももらわないつもりだという。

二人は心配に思うが、かえってギュウチョルは自分のほうからゼインの洋服とダヒョンのドレスを準備してあげると言い出して二人を安心させる。

1%の奇跡-20話

テハとヒョンジンはゼインとダヒョンの結婚祝を買うためにデパートにいく。

そこでスヨンに会い、スヨンからどうして ヒョンジンと一緒にいるのかと問い詰められる。

自分の結婚相手だというテハの答えにスヨンはあきれて怒る。

あとで、スヨンはヒョンジンを呼び出し、テハと深刻な関係になるまえに別れた方がいい、それでも二人が結婚するというな自分は最後まで反対するつもりだという。

スヨンのことばにヒョンジンはに悩むようになる。

テハが訪ねて來ても、電話をかけても避けるばかりだ。

いよいよゼインとダヒョンの結婚式の日。

式が終わり、二人は新婚旅行地のウェ島に着く。

そこで二人はいい ムードのなかで新婚を樂しもうとするが、 ゼインは会社からかかってくる電話やメールで忙しく、 ダヒョンはふてくされてしまう。

結局、二人は同じ部屋でも別々の所で初夜をおくる。

自分の過ちを認めたゼインは夜明けにダヒョンを起こして日ノ出をながめながらダヒョンをたきしめるが。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket